わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんどりさんへ。
2016年10月23日 (日) | 編集 |

秋だからか、お寺は落ち着きますね。 
そろそろ行かないとなって思っていたことを果たしに
やっと、やっと、行って来れました。
通称「かんどりさん」と呼ばれる梶取本山総持寺にて・・。
10時半から同じように来られた方々3組の前でお経を戴き、
その後それぞれにに法上様よりお話を戴きました。
うっ、いけない!
不覚にも涙があふれてしまいました。
ヨッピの事を問われ、枯れたはずの涙がツーっと。
お願い、もうこれ以上触れないで!!
って、
心の中で願いながら涙との格闘だったな・・。
引き上げるときにも法上様に「○○さんですね・・、」と問いかけられ、
”頑張りなさいね!”と言わんばかりな慈悲深い眼差しで見送ってくれました。
若かったからな・・、
きっと残された私たちにエールを送ってくれんでしょうね。。

と言う事で、子育て完全終了したように
こちらも全て滞りなく終了したのかなって思います。
私の肩から、
ひとつ、またひとつと、荷物がおろされていくこの頃です。 


* * * * *


かんどりさんに行くにあたって、
普段お世話になっているお寺さんが色々と段取りをしてくれて、
その前日の夕方お別れを唱えに来てくれました。
ちょっと約束の時間には早いんですが・・・と、恐縮してくれつつ
上がって戴きました。
法衣に着替えた後に、
いつもは即お参りしてくれるんだけど、
今回はちょっと違うようで、
いつもより長い世間話の後に明日へ向けての準備のようです。
「PCで作ってきたんですよ、これを貼っておきましょう」と言いつつ
ご自分で仏壇から壺を持ってきて戒名を貼ってくれました。
その後、
今日は時間がかかるので椅子の用意をとのご指示で
私達はそそくさと準備をし、ではではと言う事で
南無~が始まりました。
暫くすると私の傍に座るチビ姉さんが小さな声で
『壺は?』
「ん?」
『壺、あっちへ置いたまんまやで』
「えー!!!!」
「持ってきて~~」
チビ姉さん、そっと壺を仏壇横に置いてくれました。
その時のお寺さん!
ギョ!!っとした横顔がもう可笑しくって・・。
すみません不謹慎ですが、その一連の事が可笑しくって
笑いを我慢するのに必死で肩がブルブル・・・。
ヨッピの元・趣味仲間のお寺さん、
いつもなんだかんだと笑わせてくれます。
ホントに不謹慎な私達でごめんなさい。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 



関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。