わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
高野山でリーズナブルな精進料理。
2016年09月11日 (日) | 編集 |

いつの間にか暑さも和らぎいい気候になってきましたね。

もう一段階進んだ秋を満喫したくって高野山に行ってきました。

一部ですが、

既に紅葉が少し色づき始めてるようです、早、秋ですねー 

今回は、いつも歩く場所から大幅に足を延ばして散策!

そして人気店でお昼ご飯。

 中央食堂「さんぼう」さんの「精進花篭弁当)
お出かけ・高野山(ランチ1)

天ぷら(こんにゃく、茄子、車麩、舞茸、人参、ししとう)
煮物(高野豆腐、厚揚げ、蕗、人参)
さしみこんにゃく
卯の花
生麩田楽
ごま豆腐
大豆の麦ごはん
すまし汁
昆布の佃煮

お味がしっかりしていてどれもコレも美味しかった♪
特に気に入ったのが「生麩田楽」
生の粟麩を揚げたものに2種の田楽味噌がのせられていて
もちっとしていてなんとも旨し!
小さな2キレじゃ足りません!って言いたい程に美味しかったです。

高野山でリーズナブルに精進料理が味わえるお店とかで人気店のようです。
この日は入り口扉に「本日は花かご弁当のみとなります (\2200)」の張り紙が!
他のお店と比べつつやっぱりここにしよう!と言う事で午前11:00に入店。
早すぎたかな、でも人気店なら早く入っておかないとねーなんて言いながら
扉を開けると既に3組のお客様。
何故かほっとしたー (」*´∇`)」 
その後も次から次へとお客様が入りあっという間に満席でした。
お料理はどれもこれも美味しくてお腹もいっぱいに!
和の食べ物ってどこかホッとしますね。

それでも、途中周りをふと見渡せばみ~~んな同じものを食べてるって
ちょっと給食みたいでひとり笑ってしましました。
次はまた別のメニューが食べてみたいな 


* * * * *


高野山にも沢山のお土産があるけれど、私が一番好きなのがこれ。


 みろくいし
お土産・みろくいし

つぶあんの甘みがドッシリしていて美味しい♪
ココも人気店ですね、たくさんの観光客さんが訪れています。


*****


 魔尼宝塔
お出かけ・高野山(魔尼宝塔)

高野山奥の院からのバス通りを歩いていると朱色がひときわ目立つ
供養塔に出会えます、高野山では異色の建物じゃないでしょうか。
参拝無料の文字に吸い込まれるように中に入ると
ビルマでの戦争の関連のものが祀られています、
正面右手には縦に垂れ下がる大きな数珠を書かれたように
触っていると館主の方が現れ人なつこく色々と説明してくれました。
「この数珠は目をつぶって左手で3回引っ張って、右手でひと玉掴んでください
それがあなたの今日の運勢ですよ。」
早速じゃーら、じゃーら、じゃーら、
私が掴んだのが緑の○で中吉。
次にチビ姉さんがじゃーら、じゃーら、じゃーら、
あ、
「凶?! もう一回引いてみよう」
の声に背中を押されチビ姉さんが再度挑戦。
じゃーら、じゃーら、じゃーら、
あ、
「また凶ですねー、もう一度!三度目の正直で!!」
じゃーら、じゃーら、じゃーら、
緑の○だから中吉で。
なんともくじ運の悪いチビ姉さんにみんなで大笑いでした。
その後館内を一周回る内に下に降りる階段が。
真っ暗な中を行く、「戒壇巡り」。
怖がりな二人なのに何故か自然と吸い込まれるように入って行き
暗闇に寝そべる菩薩様にお賽銭と共にお祈りし急いで出口へ向かいました。
元の場所に戻るとまた館主さんに出会い
「そこは一人で入らないと意味が無いからひとりで入りなおしておいで」
イヤー、もう二度と無理ですホント怖かったんです。。 


そんなこんなで今回の高野山での散策はいつもと違う場所まで足を延ばし
また違った楽しみ方が出来ました、結果12キロ弱も歩いてしまった!
足が痛い筈です。 





関連記事