わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
ブイヤベース。
2015年12月09日 (水) | 編集 |
我が家の休日ご飯はワイワイつまめるモノだったり

つつきあえるものが大半です、なんかね、調理が楽な気がしちゃって・・。 ( ´艸`)

で、先週末は洋風鍋  をメインにね。

ブイヤベース
サラダ
フランスパン
前日の残り物(肉ぴらゴボウ、カブのレモン和え)

 ブイヤベース
鍋物・ブイヤベース

≪材料≫
タラ:2切れ 有頭エビ:4尾 ハマグリ:1パック
ニンニク:1かけ 玉ねぎ:1/2コ セロリ:1/2本 ローリエ:1枚
トマト:中2コ 粗ごしトマト:1パック 水:2C 
オリーブオイル:大2 塩:小1 イタリアンパセリ:適量

≪作り方≫
1.タラは食べよい大きさに切る
2.エビは背の部分に爪楊枝を刺しワタを抜き取る
3.ハマグリは水につけ砂抜き→殻のぬめりを軽くこすり落とす

4.ニンニクはみじん切り、玉ねぎ・セロリは粗みじん切り
5.フライパンにオリーブ油とニンニクを入れ火にかける
6.ニンニクの香りが出たら、玉ねぎとセロリを加えしんなりするまで炒める
7.タラを加え両面に火を通しながら5分ほど炒める
8.ザク切りにしたトマト・粗ごしトマト・水を加え煮立たせる
9.煮立ったら、中火にし時々混ぜながら10分煮込む
10.エビ・ハマグリを加え、ハマグリの口が完全に開くまで煮詰める
11.塩を加え味を調えイタリアンパセリを加え火を止める

他にイカやムール貝を加えれば見た目も鮮やかになるけど、
我が家のチビ姉さん、イカ、苦手です。
私、ムール貝、苦手です。
なのでこれが我が家の完成形!魚貝の味が染み出しフランスパンととっても合います!
ハード系のパン好き我が家によく合うスープで~す。

あ!
実は、イタリアンパセリを買い忘れた私は、
ナント!セロリの葉っぱで代用という事にしてしまいました~ 
バレてた? 


* * * * *


先日、念願の人形供養の神社に行ってきました。
和歌山市加太にある「淡嶋神社」。
針供養や人形供養で有名な神社です、境内には所狭しと
ひな人形や日本人形、フランス人形、焼き物の人形、等々並べられています。
出来ることなら二人の娘が嫁ぐ日までひな人形は手元に置きたかったけど、
いろんな事情があって今回、1ケースを除いて処分です。

淡嶋さん正面にある鳥居を通過後すぐ傍にある神社の駐車場に車を止め、
まずは、人形供養ができるか聞いたあと人形を持ち込みました。
人形は包み紙からはがし、道具なども省きそのままで。
ケース人形はケースなどは省き人形のみを指定された箱に入れます。
焼却料として1箱:500円、そしてお気持ちをお渡ししたら
人形(ひとがた)を渡してくれそれに住所・氏名・願い事を記入して渡します。
最後にお伊勢さんのお札と厄除箸を頂き、無事終了。
ここ4年間、ずっとずっと気になっていた雛人形の処分、
やっとやっと納めることが出来ました。
行くまでは、どんなにすればよく分かず不安だったけど、
行ってみれば思いのほか簡単に終わることができ肩も軽くなりました 
案ずるより生むが易し・・ですね。



関連記事