わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鱧の押し寿司。
2017年08月06日 (日) | 編集 |

夏です、鱧の美味しい季節です 
久しく”寿司”と言うジャンルのものを食べていないから
押し寿司に決定 +゚。*(*´∀`*)*。゚+

 鱧の押し寿司
ご飯・鱧の押し寿司

≪材料≫
鱧の切り身(10×15位の物):1切 干しシイタケ:4~5枚
鱧の調味料a(しょう油:大1 砂糖:大1 みりん:大1 酒:大3 粉山椒:少々)
椎茸の調味料b(しょう油:大1 砂糖:大3 椎茸の戻し汁:1C )
酢飯(米:2合 砂糖:大2/3 塩:小1/2 酢:大5)

≪作り方≫
1.酢飯を作り冷ましておく
2.鱧は焼く→ほぐした身と調味料aを煮詰めそぼろにする
3.しいたけをみじん切りにし煮汁がなくなるまで煮詰める
4.しっかり濡らした型に酢飯→椎茸→鱧
※具材を入れる度に押し蓋でぎゅーっとしめる
5.型に輪ゴムを巻きしばらく置き馴染ます

今回は鱧は焼いてポロポロになるようにしました。
酢飯はいつもよりすっぱめに作ったから夏仕様のさっぱりと!
以前、泉南の知人宅の秋祭りにお呼ばれした時に
出してもらったこの押し寿司!
コレはこれで美味しいけど、あの時のはもっと甘かった♪
仕切り直しか~ (´∀`*;)ゞ 


* * * * *


ひとり暮らしを謳歌している私に友人からの質問。
「ね、独り暮らしになって困る食事はなに?」
『うーん、手巻き寿司と鍋は虚しい』
「確かに!考えただけでも虚しい!」
と、大笑いしてくれました 
『酷いなー、笑うなー、同情してよー』
って、
二人して大笑いの巻~でした。 (*σ´Д`*) 
高齢化社会でもあり、
子供世帯と同居をする家庭が少なくなってきたのもあり、
ひとり暮らしの割合がうんと増えてる昨今だそうで、
色んなモノが時代の流れと共に変わってきてますね。




スポンサーサイト
「イタリアンキッチン Sette」さん。
2017年08月06日 (日) | 編集 |

2か月ぐらいの頻度で会う友人と行くランチのお店は、
はっきり言ってはずれが多い! 
予約しないから?
思い付きで飛び込むから? (^^ゞ
で、今回ちゃんと下調べしました。
口コミもいいし、何といっても私んちから車で5分とかからない。
もしや、もしやの灯台下暗しかな~
ワクワクしながら直前に電話をしての訪問です

 イタリアンキッチン Sette 
ペアランチ¥3000(2人分)
 前菜 
ランチ・セッテ1
色んな新鮮野菜がたっぷり
キッシュ・・かな?
マッシュポテト
サラミ
かぼちゃのスープ

 メイン2種 
* 2人でシェア
* パスタ・ピザ共に数種類の中から選べます。

温野菜のピザ
ランチ・セッテ2  
生地が薄めのもっちりタイプで美味しい!
トッピングの野菜もチーズもたっぷりで優しい旨さ♡
気付くの遅れて食べかけ、ごめん! (^-^)/

ズッキーニのトマトパスタ 
ランチ・セッテ3
料理名がうろ覚えです。
オレンジ色が鮮やかでやや甘みがあって美味しいパスタでした。
多分ですが、ソースにオレンジジュースを使ってるんじゃないかな、
今度再現してみようっと p^^q

 ドルチェ&飲み物
ランチ・セッテ4

ランチ・セッテ5
ドルチェが凄くかわいい!
プレートの周りにシェフが可愛いペイントを施してくれてます。
老若関係なく女子にとっては嬉しいよねー

 外観
ランチ・セッテ6

外観は、特に目を引くでもなく普通の一軒家ぽいいでたち
内装は、写真が撮れなかったけど、木製の椅子とテーブルが
所狭しと並び可愛いですよ。
お店のスタッフの方々も和らかい物腰で好印象でした


近場でお気に入りのお店が見つかるって嬉しいです。
また行きたいお店め~っけ


◇ ◇  お店情報  ◇ ◇
和歌山県和歌山市和歌浦中1-2-47
イタリアンキッチン Sette(セッテ)さん





金時豆の甘煮。
2017年08月06日 (日) | 編集 |

ちょこちょこマイブームが巻き起こるんだけど、
ぶどうパンに次ぐマイブームは・・、これ。
週一に作っております。。 (^^ゞ

 金時豆の甘煮
煮物・金時豆の甘煮

≪材料≫
金時豆:1C(170g) 砂糖:90g 塩:3g 水:2C 重層:小1/2

≪作り方≫
1.豆は3倍量の水に浸しひと晩置く (今回は3C:分量外)
2.圧力鍋に1と重曹を入れ火にかける (蓋はしない)
3.沸いてきたら中火にしそのまま5分煮る
4.ゆでこぼす (重曹の泡が気になればさっと洗い流す)
5.圧力鍋に4と水2Cを入れ落し蓋と蓋をし火にかける
6.蒸気が上がれば中火にし低圧で2分加熱→自然放置
7.圧が自然に抜けたら落し蓋を外し砂糖1/3と塩を加え火にかける
8.5分後に砂糖1/3を加え再び5分加熱
9.5分後に残りの砂糖1/3を加え10分加熱
10.そのまま煮汁に漬けたまま冷ます 
12.冷めたら豆を上げ、残りの煮汁を半量になる位に煮詰め豆の器に戻す

まず、重曹を使わないで炊いてみた!
うーん、美味しいんだけど皮の硬さがやや気にかかる。
で、夏です!そんなに長時間煮ていたくないので
”重曹”に力を貸して頂きました♪
とっても柔らかくふっくら仕上がりました 


* * * * *


今朝、出かけてる間に不在通知書がポストに。
で、早速再配達依頼の電話をね。
ここ暫く再配達が余計な負荷をかけているとかを聞くので
申し訳ないなーと思いながら、○マトのお兄さんに
『何回もすみません』
「いえー、全然かまいませーん」
ほんと気持ちいい対応をしてくれました。
なんか嬉しくってほっこりしたー




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。