わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手打ちうどん。
2017年05月05日 (金) | 編集 |

五連休、これぐらいの纏まった休日にしたかったことがあり
キッチンに籠りました。
目的のものはまだ完成しないけど、
その合間に捏ねて、捏ねて、寝かせて、踏んで、
手打ちうどんを作りましたー 

 手打ちうどん 2~3人分
麺類・手打ちうどん

≪材料≫
中力粉:300g 塩:15g 水:150cc
※中力粉が無かったので(強力粉2:薄力粉1)の割合のもの使用

≪作り方≫
1.塩を水に入れ溶かしておく
2.大きなボウルに粉を真ん中をくぼませ広げる
3.くぼめた穴に塩水を入れる
4.指を立ててふんわりと全体を混ぜ合わせる
5.ボウルに粉が残らないように捏ねる
6.丸くまとめたらボウルの中央に入れラップをしてねかす(40分)
7.生地が滑らかになるようにようく捏ねて丸くまとめる
→ナイロン袋に入れ寝かせる(1時間)
※画像は、寝かせ終わったうどん玉です。
麺料理・うどん1
8.破れないような強めのナイロンにうどん玉を入れる
9.大判のタオル→8のうどん玉→大判のタオル→踏む(200回くらい)
10.平らに伸びたうどん玉を縦に3つ折り→横に3つ折りにする
11.再びナイロンに入れ9の行程と同じように踏む(更に2回繰りかえす)
12.ナイロンから出し、うどん玉を丸める→伸ばしやすいように平らにする
麺料理・うどん2
13.粉を振ったまな板の上で平らに伸ばす(4㎜薄さまで伸ばす)
麺料理・うどん3
14.伸ばした生地を折り畳み4㎜の太さに切っていく
※くっつかないよう粉をまぶす
麺料理・うどん4
15.沸騰した湯で15分ゆでる
16.ぶっかけやざるうどんにする場合は流水で洗いしめる
※釜揚げなら洗わずそのまま茹で汁につける
※残ったら茹でたものを1人前ずつに分けて冷凍保存

美味しい♪
かなり前に作った時より数段美味しくできた!
なんか、嬉しいな
もっともっと上を目指し本格的なものが作りたくなってきた 
しかし、問題が!
そんなに作って誰が食べるのかな? (^^ゞ
ひとりじゃ食べ切れないと思いま-す、
コレ、永遠のテーマになるかも?
作りたい!食べ切れない!! ってね





スポンサーサイト
変わったね、「からびな」さん。
2017年05月05日 (金) | 編集 |

孫守りに奔走していた友人と半年ぶりにランチです。 

いつも顔を合わすと合言葉のように

「どこに行く~」。

海辺に立つ「からびな」さんへ行くことに決定!

 からびなさん。
外食・からびな

きちんと覚えていないんだけど、
4種ぐらいのランチメニューから注文したのがコレで
「オムレツと魚介の・・・」だったような。 1,080円
※オムライスだと思い込んでたから来てガッカリ・・。

前回行ったのが2~3ヶ月前かな・・・、
以前は人気店だった「和いたりあん からびな」」さん。
何があったの?
あまりにも変わっていたのにびっくりした!

外観は変わらずだけど、
客席数が増えて
お値段リーズナブルで、
その分お料理内容もそれなりで、
器が紙皿、紙コップで、
最初に席取り→レジで注文&支払い
水も食後の飲み物もセルフ、
選んだ席が地下室のような作りだからか
他の方の声が大きく響き渡って、弱ったー (x_x;)
うーん、前の方がよかったな。
せっかく久々に逢う友人とのランチにこれはないな、
次からはもうないなココ!
と言う事で話が合いましたー ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ 
そのあと、ケーキを買って我が家でのんびり過ごしました。


* * * * *


またまた野菜のプランターが届きました。

戴きモノ・プランター野菜-2

ひとり暮らしには買うより育てるでしょ!
と言う事で友人の“愛”あるお届け物です、
嬉しな― ホント役に立つのですよ、コレ





さわらの西京漬け。
2017年05月05日 (金) | 編集 |

形のいい鰆があったから西京漬けを作ってみた。

美味しいー

甘みは自分で調整できるし、意外と簡単にできてニンマリです。

 鰆の西京漬け 2切れ分
魚貝料理・・さわらの西京漬

≪材料≫
鰆の切り身:2切れ
味噌床a:白みそ:100g みりん:大1 酒:大1
※ガーゼを1枚準備する

≪作り方≫
1.生臭さを取るため、鰆にに軽く塩を振る (塩:分量外) → 1時間放置
2.キッチンペーパーで水分を拭き取る
3.味噌床aを混ぜ合わす
4.タッパーに味噌半量を薄く延ばす→ガーゼ→鰆→ガーゼ→
みそを鰆がすっぽり隠れるように伸ばす→蓋をして冷蔵庫へ
魚貝料理・さわらの西京漬1
5.翌日、ガーゼの間から鰆を取り出し焼く

ガーゼに挟む事で鰆が汚れず、そのまますぐに焼けるので
手間いらずです、めっちゃおいしくって感動ものでした。
今日の分量は甘さ抑え気味の大人バージョンなので、
次はみりんを増やして甘口作ろっと (^^♪

 今日の注意点。
臭みを取るための塩はかけすぎない事!塩辛くなります。
魚臭さが気にならない場合は1は省略して水分だけ拭き取る

漬けた期間1日目と3日目とをそれぞれに食べ比べしてみた結果。
3日目の方が美味しい!
1日目は臭み取りに振った塩が気になったけど
3日目のはうまく熟成されて全体的にまろやかに仕上がってた。
次からは漬け込んで3日目に食べようかな。
はっきり言って、
スーパーで売られているものより数段美味しい 


* * * * *


GWも残す所2日となった今日、
出掛けた先でドジってしまった!
幅寄せバックをミスってしましい縦にポールの痕がペコリ。
後ろにあった車にぶつけ無いようにとばかり気が行き
ポールがあるのに気が付かなかった。
傍で観ていてくれてた人がいるんだけど、
「あれー、どこまでバックすんの?」って思ったって。
お願いです、止まれ!って言って。
ショックが隠せない。。 (´。・ωq)(pω・。`) 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。