わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鱈のムニエル。
2015年07月27日 (月) | 編集 |
最近のわが家の魚料理によく登場する、ムニエル。

食欲ないから、このワンプレートひとつでお終いです。

勿論、ごはんもお味噌汁もなくってあとはたっぷりのお水だけ (#^.^#)

夏だからこれで十分かな・・。 

 鱈のムニエル 2人前
魚貝料理・鱈のムニエル

≪材料≫
鱈:4切れ 塩・こしょう:適量 乾燥バジル:適量 小麦粉 サラダ油:大1 バター:大1
付け合せ(玉ねぎ:1コ さつま芋:中1本 レタス:1枚)

≪付け合せ≫
玉ねぎ:スライスし皿に広げるようにのせる→ふんわりラップ→レンジで3分ほどチン)
※レンジの時間は玉ねぎがしんなりする程度に目視で確認
さつま芋:拍子切りにする→水にさらす→水切り→素揚げ→塩をふるう

≪作り方≫
1.付け合せを作る
2.鱈に塩こしょうとバジルを振り小麦粉を薄く全体にまぶす
3.フライパンにサラダ油を熱し2の鱈を入れる
4.こんがり焦げ目が付けば裏返す
5.片面もこんがり色よく焦げ目が付けば返す
6.バターを落とし全体にからめ、もう一度返す
7.付け合せを盛り付けた皿に鱈をのせて出来上がり

レモンを絞り、マヨネーズ等を好みでつけて戴きましょう♪
(付け合せの玉ねぎには好みのドレッシング)
以前は、ムニエルと言えば舌平目を使っていたけど、
最近はちょっと手に入りにくいので鱈に変更~ 
鱈の身は意外としっかりしているので作りやすく
お口にも美味しい 


* * * * *


暑いから食欲が落ちるからか、毎日の献立に窮しますね!

台所に立つ人なら誰しもが思うんじゃないかな?

「献立が決まらな~い、誰か献立決めてくれたら何でも作るんだけどな」ってね。

私も同じくです、今夜は何にしよう・・って考え悩むこと多いんです。

そして、夕ご飯を食べながら既に明日の献立は何にしようと考える日々。。

どうにかしてほしぃ~ 





スポンサーサイト
夏場のおでん。
2015年07月24日 (金) | 編集 |
おでんが食べたいな。

季節外れの今だけど無性におでんが食べたい。。

ハイ、多数決!!

「おでん、食べたい人ー」

ハーイ、ハーイ!

ヨシ、2対1で、おでん食べたい人の勝ちー!!

という事で、今夜は待望のおでん 
(この記事は金曜日に書いたものです)

 おでん
鍋物・おでん。。
今日のおでんの具材
大根
こんにゃく
結び糸こんにゃく
たまご
うずらのたまご
たこ
ちくわ
ウインナー
ごぼうてん
はんぺん
ひらてん
きくらげてん
ブロッコリー
えりんぎ

おでんの美味しい季節程に練り物は揃っていないし、
特に夏場だからと変わり映えのしないおでんだけど、
ハフハフ、おいちい  
ちょっぴりクーラーの温度を下げて、
家族でわいわいつつきあえる真夏のおでん、幸せだなぁ。。

そうそう、おでんの命といえば、
1にお出汁、2に大根の下ゆでですね!
以前、大根の煮物をした時に大失敗をしたというエピソードを聞いたので、
我が娘たちの為に大根の下ゆでをここに記録しておきましょう。
これぞ、ハハの愛です。 
( 自分で言う?・ (^^ゞ )  


大根の下ゆで

≪材料≫
大根:1本 米のとぎ汁:大根がひたひたに隠れるほどの量

≪下ゆでの仕方≫
①大根は3cmほどの輪切りにする
②皮をむく(葉の近くの青い部分は特に繊維が多いので厚めにむく)
③面取りをする
④十字に切り込みを入れる
⑤鍋に大根をを入れ米のとぎ汁をひたひたにかぶるくらいに入れる
⑥火にかける
⑦沸騰したら弱火にし20分煮る
⑧湯を捨て水を入れ大根を冷ます(大根の芯まで冷たくなるまで何度か水を替える)
⑨さぁ、おでんの鍋に入れ煮ていきましょう♪


* * * * *


今年は、なんだかだと職場のボスがお裾分けをしてくれます。
その中でも嬉しいお裾分けは毎年の如く桃  

戴きモノ・もも

・・なんだけど、
いつもはすっごく美味しいのに今年の桃はあんまし甘くない!
アタリが悪かったのかと、自分ちでもひと箱買ってはみたものの
あれれ?
やっぱしあんまし甘くない、スイカも同じく美味しくない、
日照不足かな。。
ちょっとガッカリな果物事情のこの頃です。
甘さにとろけてしまいそうな桃が食べたいで~~す 



酢ごぼう。
2015年07月20日 (月) | 編集 |
新鮮な新ごぼうでサッパリと酢ごぼう(たたきごぼう)を作りました。

 酢ごぼう
小鉢・酢ごぼう

≪材料≫
新ごぼう(細めの物):200g 
下ゆで用a(水:5C 酢:大1) 塩:小1/3
土佐酢b(酢:大5 砂糖:大1.5 塩:小1/3 薄口しょうゆ:小1/3 みりん:小2)
土佐酢c(花かつお:1/2C)
白ごま:大4

≪作り方≫
1.ごぼうは洗い包丁の背で皮をこそげ落とす→洗う
2.20cm位に切り水に20分程つけ置く(途中、水は2~3回替える)
3.ごぼうの下ゆで

①鍋に下ゆで用aを入れ火にかける
②沸騰したらごぼうを加える
③再沸騰したら強火で3分ゆでる
④ごぼうはザルに上げ熱いうちに塩(小1/3)をふるっておく
⑤冷めるまでそのまま置く
⑥まな板にごぼうを並べすりこ木でごぼうをたたき繊維をくずす
⑦4cm位の長さに切る
4.土佐酢の作り方
①小鍋に土佐酢bの調味料を入れ火にかける
②沸騰直前に火を止め花かつおを加え冷めるまで置く
③濾す
5.すり鉢にいりごまを入れする→土佐酢を少しずつ加えながらすり合わす
6.ごぼうを加え和える


酢ごぼうって「お節」のイメージがあったけど、
今の季節にも十分合いますね、さっぱりした土佐酢ベースのごま和えが
お口に美味しくってシャッキーンと目が覚める 
・・目が覚める?
アハハ、ごぼうをたたいてる音に目が覚めたと
深夜に帰ってきた我が家のチビ姉さんに睨まれてしまった!
どうしても、思い立ったらやりたかったんだもん♪
起こしてごめんね~ 


* * * * *


灰の降る街に住むまぼ子がピーチに乗って帰ってきた

お土産 !!

お土産・鹿児島

お引越しの多いまぼ子ちゃん、

帰省するたび、その地の名産品をお土産に持ち帰ってくれます。

自分ちに住みながら各地の名産が食べられて嬉しいのです、ありがとう o(*^▽^*)o~♪

住んでいるからこそ美味しいものもよく知ってるんですよね。。

さてさて、来春はどこのお土産かな~ 




水ナスときゅうりの浅漬け。
2015年07月18日 (土) | 編集 |
今年は久々に浅漬けを楽しんでます 

 水ナスときゅうりの浅漬け。
お漬物・水ナスときゅうりの

◇◇私んちの美味しい目安◇◇
きゅうり:2日後
千両ナス:4日後
にんじん:4日後
大根:5日後
水ナス:6日後

※漬けるときはそれぞれの野菜に塩ずりして漬ける


ひとつずつ個包装された水ナスを幾つも戴いた今年は、

残された糠床があまりにももったいないなーという事で、

急きょ冷蔵庫内で浅漬け育成中 

少しの糠と水と塩を加えて調整した結果、

5度目くらいから美味しくなりました!
( 塩辛すぎたり、塩辛過ぎたり、薄過ぎたり・・・ (^^ゞ )

いいですねぇ、浅漬け!これこそ夏ですね


* * * * *


何だろ、これ?

贈り物・ととろのどんぐり?


台風一過の今日、端っこに避難させていたプランターを元の位置に戻し

枯葉などを取り除いたら写真のような芽が出てた  

トトロの贈り物?

イエイエ、我が家は高層階の部類に入るからどこからか飛んでくるはずもなく。。

たまにね、バルコニーの手すりに木の実が置かれてる事がある、

もしかしたら鳥さんからの贈り物かな。。

ちょっとミステリアスな苗木の出現にビックリでした 





ポテトでピザ風ガレット。
2015年07月15日 (水) | 編集 |
ジャガイモ料理でーす 

これで戴いたジャガイモは全て食べ切りです、美味しかった。

 ポテトでピザ風ガレット 1枚分(2~3人)
野菜料理・じゃが芋のピザ風

≪材料≫
ジャガイモ:中2コ(270g) 塩:少々 オリーブ油:大1+大1
トマトソース:大4 (←材料含むレシピは2行下)
トッピング(玉ねぎ:1/6コ ベーコン:1.5枚 とろけるチーズ バジル:適量)

≪トマトソース≫
トマト缶:1缶 ニンニク:ひとかけ 塩:小1/2 タバスコ:適量 オリーブ油:大1
①フライパンにオリーブ油とみじん切りにしたニンニクを入れ火にかける
②じっくり炒めニンニクの香りを出す
③トマト缶と塩とタバスコを入れフツフツ煮立ってきたら弱火にし10分煮詰める
ソース・トマトソース


≪作り方≫
1.ジャガイモは皮をむきマッチ棒ぐらいの細さに切る
2.ボウルにジャガイモとオリーブ油を入れよく混ぜ合わす
3.フライパンにオリーブ油(大1)を敷き2を入れ平らに丸く広げる
(両面に軽く塩をふる)
4.裏面がこんがり焼けてきたらひっくり返し同じように焼く(表5分、裏3分くらい)
5.ジャガイモに火が通れば天板に移す
6.トマトソース、スライスした玉ねぎ、食べ良い大きさに切ったベーコン、チーズをのせる
7.240度に予熱したオーブンで約10分焼く
8.バジルの葉をぱらぱらっとのせる

トマトソースが自家製だから無駄に甘くなくさっぱりしてるのもあってか、
ホクホクでカリッとしたじゃが芋に合います。
美味しくってパクパクいっちゃった
じゃが芋料理の中ではかなりのお気に入り  


* * * * *


暫くのご無沙汰でした 
先々週半ばごろに小手術。
それ専門の手術内容によれば大手術の部類に入るとか・・。
凄く患部周辺が腫れて熱も持ってて
おまけにまともな食事が出来なくって毎日パンを小さくちぎって食べる日々。
これがダイエットに繋がると我慢もできるんだけど・・。
なんて言いつつも”人”の回復力は凄いです、
これでもかっていう程に腫れあがった患部+周辺もほぼ元に戻り
長くつけていたマスクともオサラバし、可愛くなりました
アレ?どさくさに紛れて・・。 (^^ゞ
こんな書き方するとまるで整形?
さすがこの年で整形はしないでしょ!(笑)
イエイエ、ご近所さんに居ましたよ。
齢、76歳のおばあちゃん(現在、90代半ば)
イケメンのおじいさんが浮気しないようにとパッチリお目々にしたそうな。
効果が出たかどうかは知る由もありませんが、
可愛い発想ですね、
愛するおじいさんの為に可愛くなろうだなんて、
いつまでも女性でいようとするおばあちゃん、素敵です。
私には、真似できない・・かも。。 

あー、ダメだ!
本当に最近、ひと昔前だったり、ふた昔前だったり、果ては子供時代の事まで
ふっと蘇ってくる、これって加齢のなせる業なのかな?
それともヤバイ前触れ・・? ( ´艸`) 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。