わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
ケイト・シィのプティガトー。
2013年04月21日 (日) | 編集 |
私の中で、

県内一番に君臨するケーキ屋さん 

ケーキと言うよりも・・、

小さなお菓子と言う意味の「プティガトー」と呼んだ方がいいかな。

 ケイト・シィの「プティガトー」
ご近所・ケイト・シィ1

「赤のタルト」
ご近所・ケイト・シィ2

「黄色のタルト(仮)」 
名前が分からないので勝手につけてみました・(^^ゞ
ご近所・ケイト・シィ3

「林檎のタルト」
ご近所・ケイト・シィ4

「ノルマンディ」
ご近所・ケイト・シィ5


私へのお祝いにとチビ姉さんがプレゼントしてくれました。

ケイト・シィのケーキに惚れ込んでいる私に、

プー卒業祝いに、

たっぷりのプレゼントです 

嬉しすぎかも 

持つべきものは、娘ね♪ ナンチャッテです・( ´艸`)

あ・り・が・と 




もりもりもやしの豚ロースステーキ。
2013年04月09日 (火) | 編集 |
豚肉料理は手間暇かからず仕上がりが早いので

作るのは好き♪ 

おまけに家族もご満悦 

 もりもりもやしの豚ロースステーキ  1人分
豚肉料理・もやしもりもり豚
≪材料≫
豚ロース:1枚 塩こしょう:適量 サラダ油:大1
もやし:1/2袋強 サラダ油:大1
パセリ(みじん切り):大1

≪玉ねぎとりんごのソース≫
玉ねぎ:1/4コ りんご:1/4コ ポン酢しょうゆ:大3 酒:大1

≪作り方≫
1.玉ねぎ・りんごはすりおろし、ポン酢・酒と合わせてソースを作る
2.豚ロースは余分な脂分は切り落とし筋きり→叩いて肉質を柔らかくする
→多めに塩こしょうを両面にふりかける
3.フライパンにサラダ油(大1)を敷きこんがり焼き焦げ目をつける
(強火で2分弱)
4.豚肉はひっくり返し裏側にも焼き目をつける(強火1分)
5.この時熱したステーキ皿にサラダ油を敷きもやしをモリモリ乗せる
6.4に玉ねぎとりんごのソースを加えフツフツ煮え立ったら中火にし蓋をする
(2分ぐらいで火が通ると思います)
7.もやしは途中混ぜて全体に火が通るようにする
8.豚ロース肉に火が通れば取り出し切る
(残りのソースはそのまま煮詰める・約1分)
9.もやしの上に切った豚ロース→ソース→パセリを乗せて出来上がり

 もやしは火を通し過ぎないでね、しゃきしゃきがウマイ♪


豚ロース1枚に付きたっぷりのソースをかけてますのでとっても
美味しく食べられます。
ソースの程よい酸味と旨みに大満足 


* * * * *


朝から2人で2台の洗車 

手の届かないところ対応に車に足をかけたはいいけど、

気が付けばダンゴムシ状態でご~ろごろ。

恥ずかしい~~ すってんころりんころんじゃいました。

どうも、最近足腰が弱ってる・・、

認めたくないけど、

歳?歳?としぃ~~~~~?! 





はんぺんのふわふわ揚げ。
2013年04月05日 (金) | 編集 |
春ですねぇ。

ご近所さんの庭先ではチューリップが咲き乱れてました 

赤、白、黄色・・

そうだ!
( 色の話から思い出しました・(*^^)v )

先日読んだ本に書いていましたよ、

理想の食事

毎日、信号とパトカーを食べる!

ん? ですよね。 ( ´艸`)

赤色、青色(緑)、黄色、そして白色、黒色、の食べ物を摂るようにしましょうって。

皆さん、とってますかー 

ではでは、昨夜のおつまみを書きまーす♪


はんぺんのふわふわ揚げ 2人前
おつまみ・はんぺんのふわふ

≪材料≫
はんぺん:1枚 納豆:1/2パッ(25g) キムチ:25g
調味タレa(付属の納豆のたれ、しょうゆ:各適量)
片栗粉:適量 青海苔:適量
タレb(しょう油:大1/2 白だし醤油:小1)

≪作り方≫
1.はんぺんは半分に切り袋状に切り込みを入れる
2.納豆をタレaで溶く→刻んだキムチを加え更にまぜる
3.はんぺんの袋状に開いた所に2を詰める→爪楊枝で止める
4.3に片栗粉ををつける→カラッと揚げる
5.揚がったはんぺんを半分に切る→盛り付ける→青海苔をふりかける
6.タレbにちょんちょんとつけながら食べましょう

※青海苔を振りかけるのを忘れたまんま写真を撮っちゃった! (^^ゞ


ちょっとしたおつまみです。
熱々が美味しいです、
ふわふわが美味しいんです、
そのままでも、タレbでも、天つゆにドバっとつけても、美味し~♪


* * * * *


納豆。

食べられない食材でした。

遠い、遠い、遥か遠い、妊婦という時期を過ごした頃、

未だかつて、ひと口だって食べようとも思ったことがない納豆なのに、

急に食べてみたくなりました。

何かに取りつかれたように買い物かごには納豆が。

今、

わが家のチビ姉さんが無類の納豆好きのようで、

納豆の蓋をべりべりっと開けてはおやつにしています。

あの時、

キミが食べたかったんだね。




アボガドのジンジャー豚巻き。
2013年04月03日 (水) | 編集 |
アボガドを見かけると無性に購買意欲がわきます。

我が家のチビ姉さん、

そんなに好きでもないのに。

イエむしろ嫌いなのに。

購買意欲の方が勝つんですよねー。

お安いから許してもらおう ヾ(〃^∇^)

 アボガドのジンジャー豚巻き 1人前
おつまみ・アボガドのジンジ

≪材料≫
アボガド:1/4コ レモン:適量
薄切り豚:3枚 塩こしょう:少々 サラダ油:少々 
合わせ調味料a(しょう油:小2 砂糖:小1/2 みりん:小1/2 酒:小1/2  おろし生姜:少々)
大葉:1枚 のり:1枚

≪作り方≫
1.豚は広げて塩こしょう→合わせ調味料に5分ほどつける
2.熱したフライパンにサラダ油を敷く→豚肉を入れ焼く
→焼き目が付けば残ったタレも加える
3.アボガドの種と皮を取り除く→くし形に切る→レモンをふりかける
4.3に焼きあがった豚の生姜焼きを巻く
5.器に大葉を敷く→4を乗せる→粗めに切ったノリをのせる


「普通に豚の生姜焼きでいいのにナ。」

そんな声を聞く前に、

「ハイ。まずは食べてみて!」

「合う!! 

 でしょう♪ 」

アボガドと豚しょうの相性はとってもいいようです。

・・が、

やはりわが家のアボガド苦手っ子の口には厳しいようで、

一切れはそのままで!

残りは剥いでおりました、残念!

その残りアボガド、

お醤油に、ちょんちょん・・やっぱりこれ!

ウスターソースに・・ん、いける!

岩塩+オリーブ油・・ヨシヨシ。

ラー油・・後からピリッと!

キムチ・・ある、ある、

タバスコ・・ん!すっごく合う!!

程よく熟したアボガド、結構いろんなジャンルのモノに合いますね。


* * * * *


北海道土産の戴きモノ 

お土産・北海道

耳かきが一気に三本も増えました♪

ありがとう~~ o(*^▽^*)o~♪

お土産の主様は、北海道を甘く見過ぎていたようです。

余りある寒さを体中で受けてしまったようで

その後高熱を伴う風邪でダウンだっとか。

雪国での生活は砂の国で十分慣れてるはずなのに・・、

今年の寒さは厳しすぎるのかな?




里芋とブロッコリーのねぎ塩和え。
2013年04月02日 (火) | 編集 |
先日、帰省中のゆいさんとお買い物 

その時、ランチに寄ったお店のお惣菜を作ってみました p^^q

 里芋とブロッコリーのねぎ塩和え 4人前
小鉢・里芋とブロッコリーの

≪材料≫
里芋(中くらい):10コ ブロッコリー:1/2房
ねぎ塩a(白ネギ:1/2本 ニンニク:1かけ 中華の素(顆粒):大1/2 ごま油:大1 
水:大1 塩:小1 粗挽き黒こしょう:少々) 
※中華の素:youki ガラスープ(岩塩使用) を使ってます。


≪作り方≫
.ねぎ塩を作る
①白ネギ、ニンニクはみじん切り
②ボウルに①を含めたねぎ塩aの材料を全て加えようく混ぜ合わせておく
.里芋は洗い泥を落とし蒸す→竹串がすっと通るくらいに蒸す
(今回は25分で蒸しあがりました)
.熱いうちに皮をむき冷ましておく(手でツルンと剥けます)
.ブロッコリーは塩茹でする→冷水をかけ色止め→水切りし冷ます
.1のねぎ塩を合わせたボウルに里芋とブロッコリーを加え和える
(少し芋の角が取れる程度に混ぜ合わす)
.冷蔵庫で1時間ほど冷やして食べる

※里芋は大きければ、皮を剥いてから食べよい大きさに切る


作りたては塩分が濃く感じるので、
冷蔵庫で休ませて味をなじませると美味しいです。
見た目はそれなりですが、意外や意外!美味しいんです!!
メインが選べて、惣菜が食べ放題のお店の一品なんだけど、
即効で作ってみたくて作ってみた♪
う~~ん、ウマシ♪


* * * * *


お花が届きました 

戴きモノ・花束(ピンク)


不思議な縁で仲良くなった知人との交流が2年ぶりに復活

お花を戴くって嬉しいものですね。

やっぱり女の子の心が残ってたのねって思います 

ニッコニコ o(*^▽^*)o~♪




 
春爛漫♪
2013年04月01日 (月) | 編集 |
バタバタと走り回っているうちに外は春爛漫でした

「洋菓子の国」改め「パン&スィーツの国」で

桜を満喫し、

癒しも満喫してきました  

 OJI ZOO
お出かけ・さくら
お出かけ・レッサーパンダ お出かけ・パンダ
お出かけ・ライオン お出かけ・カンガルー お出かけ・チンパン

猛獣たちは穏やかに寝そべり、

カンガルーはストーカーのように小さい子の後をつけて回り、

チンパンジーはまるでオヤジそのもの、

それぞれの表情が可笑しくっていつまでも眺めていたいくらいでした。 ( ´艸`)

今回は春休みもあってか、すっごい人出。

次はもう少し空いてる時にじっくり楽しみたいな。

一方通行なんてなんのその、

いつ、

「パン&スーツの国」の住人になってもいいくらいに自信がついた!!

エッヘンのドヤ顔!! 

(わずか2度目の上陸で自信つけすぎ?・(^^ゞ)


* * * * *


聞いているだけでも楽しくなるトークが飛び交う
とてもアットホームな工房の主催者さんのおひとり
aki.iさま、リンク貼らせて頂きました
これからもよろしくお願いいたします。