わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちくわの緑酢和え。
2012年06月30日 (土) | 編集 |
切れることなく我が家の冷蔵庫にはちくわが住み続けます。

そのちくわで簡単な箸休めを・・。

 ちくわの緑酢和え 2人前
小鉢・ちくわの緑酢和え

≪材料≫
ちくわ:2本 (←わが家御用達は「寅ちくわ」」
緑酢(砂糖:大1強 酢:大2 塩:少し きゅうりすりおろし:大1)

≪作り方≫
1.ちくわは斜め切りにする
2.緑酢の材料をボウルに合わせる
3.2に1を加え和える


わっ!簡単!!

あっという間にできました。

この小鉢、遠い遠い昔にみっちゃんに教えてもらったよね?

こんな感じでいいかな? 




今夜は久々に一人ぼっちです。

何故か一人になるとフットワーク軽く家事をしたくなます。

で、

ココアシフォンケーキが今、焼きあがった所です 

※只今の時間23時38分です。

部屋中に甘~い香りが・・。

お菓子・ココアシフォンケー

深夜に帰宅するミイと一緒に食べようっかな

ゆいさん、帰るまでにはきっとナイ!( ´艸`)


* * * * * *


Yちん♪
そんなにまずいのー?!
まさかの大量買いの消費に四苦八苦?!ヾ(〃^∇^)ノ
こっちの
お口におうたの買い占めとくから早く帰っておいでね









スポンサーサイト
ひじきと大豆のサラダ。
2012年06月30日 (土) | 編集 |
沢山のパンを頂きました

画像に残すのは忘れたけれど、

ポテトピザ、トロピカルピザ×2、照り焼きチキン、チョコデニ、クリームメロン、
カレーデニ、セサミチーズ、ベーグル、クリームチーズ入りダッチ、、、

どれもこれもおいしそうなので、

急遽パンで晩御飯

サラダだけ作りました

 ひじきと大豆のサラダ
サラダ・ひじきと大豆のサラ

≪材料≫
さらし玉ねぎ(スライス)、ひじき、大豆

ひじきも大豆も、水煮で売っているものを使ったので簡単!

簡単すぎて恥ずかしい ( ´艸`) 

ドレッシングは「ゴマドレ」が一番あうかな



普段は10時過ぎには眠くなるのに、今夜は目がランラン

先ほど夜遊びなら夜洗車にいってきた♪

暑い季節になると、太陽の下の洗車はつらいので夜が一番o(*^▽^*)o~♪

同じ考えの人、なかなか多いみたいで賑わってました








おやつは“ところてん”♪
2012年06月29日 (金) | 編集 |
おおいにハマってますところてん

 ところてん(三杯酢) 
おやつ・ところてん

仕事から帰りつくと、

「おかえりー」の声と共に「ところてん喰う?」

「うん、喰う、喰う

冷たいのをつるつるっと!

それでカロリーうんと低めの39.9kcal

幸せな低さじゃないですか!!

以前は、すっごく嫌いでした。

こんなモノ、ヒトの食べるものじゃない!と思っていました。

で、何故か今年は突然食べたくなって・・・、

あ!

もしかしたら食べ方間違ってた・・・かも? 

天草を材料とする心太は水に浸かっています。

その水を切って添付の三杯酢や黒蜜をかけて食すのですが、

以前の私は、

水を切らずにタレをかけてました!

不味い筈ですね。。( ´艸`)

今年は家族そろってもうどれほどにお腹に流し込んだことやら。。

夏のおやつにぴったりです

お薦めですよ、これ




鶏のジュージュー焼き。
2012年06月25日 (月) | 編集 |
今夜はゆいさんが夕飯の準備をしてくれたから、

レシピは昨夜のメインで行きまーす♪

久々に鶏料理です 


 鶏のジュージュー焼き 1人前
鶏料理・鶏のジュージュー焼

《材料》鶏むね肉:1枚 塩・こしょう:少々 ごま油:少々 
    a(醤油:大2 砂糖:大1/2 おろししょうが:小1 にんにく:少々)
《作り方》
1.鶏肉は余分な脂肪分は取り除きフォークでプスプスさして穴を開け、
塩こしょうをする
2.aの調味料に1のむね肉を10分漬け込む
3.2のむね肉の汁気を軽く切って、フライパンにごま油を熱し両面
  こんがりと焦げ目をつける
4.3に漬け汁の残りと水1/3Cをいれ煮立て、蓋をして弱火にし
  醤油ダレにとろみが付く迄約7~8分焼く
     
    漬け込むときも、焼くときも、適当にひっくり返してね♪


材料も手間もとっても手軽なのにとっても美味しいんです、

わが家の定番鶏料理です 


そうそう、画像はありませんがゆいさん作の今夜の献立は、

冷やし中華、マーボー茄子。

仕事から帰って何もせず食事にありつけるなんてとても幸せですね

今夜はお父さんの気分を味わえました

ありがとうo(*^▽^*)o~♪



うたやさんの「水もち」。
2012年06月18日 (月) | 編集 |
梅雨真っ盛りですね。

鬱陶しい季節に加えて、台風4号も接近中とかで

暑くって暑くって7月を待たずしてクーラーを点けてしまいました!

で、

暑くて食欲のない今美味しいのはコレです、

これ

 うたやさんの「水もち」
ご近所・うたやの水まんじゅ

本当の名前は「水まんじゅう」なんですが、私は「水もち」と呼びたいかな

わが家の女子三人は今これにハマってます。

外の葛の部分がとても優しい味で柔らかい・・というかぷるるんとしていて

中のこしあんの甘みをすごく上品に引き出してます。

実は、

「水もち」と言う和菓子は苦手だった私なのに、

うたやさんの水もちと出会って意識改革!!

一度に6個ほどたべてみたい

場所は、

国道42号線沿い堀止のあたりです。

ささやかな地域情報でした





揚げ出し卵。
2012年06月16日 (土) | 編集 |
好きな食べ物のひとつに揚げ出し豆腐。

いつも同じじゃつまらないから、

ちょっと目先を変えて今夜は揚げ出し卵を! 

これは、

ユイさんがどこか居酒屋さんで食したとかを頂きました♪


 揚げ出し卵 二人前
卵料理・揚げ出し卵

≪材料≫
a(卵:2コ 砂糖:大1 塩:少し だし汁:大2)
b(片栗粉1 : 小麦粉2 の割合のモノ)
三つ葉:適量 大根おろし:適量

≪だし汁≫
醤油:大1 みりん:大1 砂糖:大1/2 だし汁:大4


≪作り方≫
1.aの材料で甘めの卵焼きを作る
2.1をやや大きめの一口大に切る→bの粉をまんべんなくまぶす
3.中温の揚げ油で揚げる
4.器に3の揚げ出し卵、大根おろし、三つ葉を盛り、だし汁をはる


甘い卵焼きが少し濃いめのだし汁とベストマッチで旨いです。
居酒屋さんのお味とどんなもんかな。。
ちょっと気になる! 




私のレシピはそれはそれはもういい加減で、

“適量”って二文字がここそこに出没するため離れて暮らすユイさんから

ブーイングの嵐!

初心者にはハハのレシピは理解不能!だそうで、申し訳ない。

でも、

直す気もないかも~で、ごめんごめん。

理解不能すぎたら質問攻めにしてくだされね。

あ!

もしもで、私のつたないレシピを参考にされている方がいらっしゃって

理解不能と感じたらご連絡くださいね、

真面目にお答えします。



さばの味噌煮。
2012年06月14日 (木) | 編集 |
今週はとっても真面目にお料理をしました。

和食週間

で、レシピはお魚の煮つけでいこうかな!


 さばの味噌煮4人前
魚料理・さばの味噌煮

≪材料≫
さば:1匹 土生姜(スライス):5枚 白ネギ:1本 
調味料a(しょうゆ:大3弱 酒:大3 みりん:大3 砂糖:大2 水:200㏄)
調味料b(白みそ:大1/2強 合わせみそ:大1/2強)

≪作り方≫
1.鯖は2枚におろす→4キ切れにする→背の方に切り込みを入れる
2.鍋に調味料aを入れ熱する
3.ザルに鯖を並べ沸かしたお湯を両面にかけ臭みとり
4.2が沸騰したら火を弱め(中火)、土生姜と3の鯖を入れる→15分煮る
(落し蓋をする! なければクッキングシートを代用)
5.4にbの味噌と3㎝程の大きさに切ったネギを加え更に15分煮詰める
(ここは弱火でコトコトとね)


多分ですが、

お醤油は入れずにまろやかみそ味の鯖の味噌煮が主流かな?

私のにはお醤油がはいります!

下味をしっかりつけて味噌でコクを出してます。

サバ味噌きら~い!なんて言っていた我が娘もウマシ!と食べていました。

やりぃ~ 



去年から社会人となった我が娘ミイは当然のように家に食費として

ン万円を入れてくれています。

そんな話を職場のMクンとしていたら、

「僕も家にいれてます!
でも、あのお金って当然僕のものとして貯めてくれているんですよね!」

「それは、各家庭の考えで正味の食費になってるかもよ~」

「そんなもんですか?
母に“貯めてくれているよね?”って問うたら
”足りないくらいよ”って答えられましたよ」

「ふふ。で、Mクンいくら入れてる?」

とっても小さな声で諭吉様の人数を教えてくれましたが、

少ない!!

思いっきり笑ってしまいました。

Mクン、若干30歳。

金額はともあれ入れているだけエライガンバレ若者

世の親御さん方は、

子供から受け取った「食費」どんなふうに扱ってんでしょうね。。

ちなみに私は・・・、ナイショ


* * * * * *


メッセージ欄からお越しの、M☆さんへ、
コメントをありがとう~♪
ぼちぼち行きましょ、ぼちぼちね










 

今日のお弁当。
2012年06月06日 (水) | 編集 |
今週は真面目にお弁当作りに励みました

月・火・水の三日作ってあとは休憩だそうで、嬉しい限り 

ではでは、今週分のお弁当です。


 6月4日のお弁当
お弁当・串焼きチキン他

串焼きチキン(鶏ささみ、ウインナー)
卵焼き(カニかま、ねぎ)
きんぴらごぼう
ブロッコリーのマヨ和え
ハム



 6月5日のお弁当
お弁当・豚巻アスパラ他

豚巻アスパラ
ゆで卵
ナスの香味漬け
いがぐりミート
ウインナー



 6月6日のお弁当
お弁当・串カツ他

串カツ(豚ヒレ、ピーマン)
卵焼き(ハム、ブロッコリー)
鶏のベーコン巻
ピーマンのきんぴらおかか和え
ウインナー


お弁当に関する日記を書いていると、

食べ切れないほどのお弁当を持ってどこかに出かけたくなってきました

外で食べるお弁当は格別ですよねー


* * * * * * *

拍手欄から来て下さったMちゃんへ♪
コメント有難う(*^^)v 
食いしん坊さん?
私も!
ごはん以外のものならいっぱい入って困っちゃう~です。( ´艸`)
また遊びに寄って下さいね






小手穂さん。
2012年06月04日 (月) | 編集 |
先日、ご近所の喫茶店で軽くお昼ごはんにしました。

喫茶店なんて、

もしかしてン十年ぶりかも? 


 喫茶レストラン 小手穂 (おてぼ)
ご近所・小手穂さん

ご近所・小手穂さん1


コンビニの増殖からか世の中から喫茶店が消えつつあるように思います。

で、

ミイに教えてもらい先日ここに行ってきました。

オフィス街に位置し土曜日と言う事もあり店内は空いていたけれど、

調度品や小物たちががとても素敵で落ち着きますね。。

なんだか、

昔懐かしいおしゃれな喫茶店を見つけたって感じで

ちょっと嬉しい昼下がりでした。

いつか、

夢のおひとり様敢行してコーヒーを飲みに行くぞ

(実は、いい年齢をしておひとり様が出来ない私です・)


 小手穂ランチ  
ご近所・小手穂ランチ

ランチの名前はうろ覚え ( ´艸`)

黒縁眼鏡の似合う30代前半と思われるマスターが作ってくれます。

ハーフポーションなので、男性にはちょっと物足りないかも知れませんが

私たちは満腹♪

これで730円とお手頃価格。

おまけにプラス100円でコーヒーが!!

美味しかったです、ごちそうさまでした。



そうそう、
トイレの鏡がまたいいんですよ。
すごくきれいに映るんです♪ 
ん?
気のせいってか?!
まぁまぁ 





鶏南蛮と野菜チップのサラダ。
2012年06月03日 (日) | 編集 |
久々に新鮮野菜をたっぷり仕入れ大皿でサラダを作りました♪

鶏肉と野菜たちののコラボかな~


 鶏南蛮と野菜チップのサラダ 2~3人前
サラダ・鶏南蛮と野菜チップ

≪材料≫
鶏胸肉:1枚 下味a(醤油:大1 みりん:大1/2 粉山椒:少々) 片栗粉:適量
さつまいも:1/2本 レンコン:5㎝ 人参:1/2本
レタス:適量 グリーンリーフ:適量

≪南蛮たれ≫
醤油:大2 みりん:大1 砂糖:大2/3  だし汁:1/2C

≪作り方≫
1.鶏胸肉は下処理→一口大にカット→下味aに30分漬け込む
2.さつまいも、レンコン、人参は薄く(1~2㎜)スライスし水にさらす
※皮をむくのは好みでね!私は、むきました♪
3.レタス、グリーンリーフは適当な大きさに千切り水にさらす
4.水分を拭き取ったさつまいも・レンコン・人参は中温でじっくりカラッと素揚げ
→軽く塩を振り野菜チップスを作る
5.1の鶏肉に片栗粉を軽くまぶしカラッと揚げる→南蛮たれに揚げたてをさっとくぐらす
揚げる前に漬け込んでいる余分な水分は取り除く
6.器に野菜→鶏(タレごと)→野菜チップを盛り付ける


鶏南蛮がジューシーで、野菜チップスがカリッと香ばしく

とっても美味しく出来上がりました。

特にさつまいもとレンコンがカリッカリで

止められない、止まらない!



私の家族はそんなにたくさんは食べないほうかな・・。

主食のごはん  に関しては、

おかわりすることはまずないかな!

小さなお茶碗に一膳食べるのが背の山で、休日は特に米は食べないかも。。

そんな会話を職場のAさんにすると、

「えー?!そしたら私って食べ過ぎ?」

「どれくらい?」

4膳が普通かな」

「一日に?」

「ううん、一回に!」

「えっ?!」


女性でそんなに食べるのは、

大食い選手権に登場する方々だけかと思ってました。

小さなカルチャーショック  

でも、一度挑戦してみようかな、一回4膳!! (*^^)v 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。