わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
「カッコーの巣の上で」を観ました。
2009年07月15日 (水) | 編集 |
ここの所、時間を見つけてはお気に入りの作品の見直しをしています。

一度目には見えてこなかったところが見えてくるものですね、

感じられるものですね。

今回見たのは「カッコーの巣の上で」。


カッコーの巣の上で384

「カッコーの巣の上で」は、内容的には問題作。

刑務所の強制労働を逃れるために気狂いを装い精神病院に収容され

そこでの管理体制に反撥を投げかけた一人の男の物語。


観ていて衝撃的な部分が多すぎ心が痛くなりました。

でも、なぜか主人公マクマーフィ(ジャック・ニコルソン)の粗暴な中に時たま見せる

あの表情が忘れられずに、その後何度かDVDをレンタルして見直しました。

ちゃんと、見えてくるんです。

一度目観た時は、「なんて残酷な作品なんだろう、救いはどこにもない」と思いました。

でも、2度目に観た時は全然私の中の感想が変わったんです。

あの残酷に思えたラストシーンが、あれでよかったんだ、

アレが彼らの友情の形なんだって理解できました。

悲しいけど、

あの結末でよかった、

チーフ(ウィル・サンプソン)は彼との約束を果たしたって私は思いながら涙を流していました。

確かに、チーフなりの友情の形がそこにはありました。

とても重い作品です、でもほんの少し視点を変えるだけで違う世界が広がります。




「ユーガットメール」を見ました。
2009年07月15日 (水) | 編集 |
もう随分と古くなる作品「ユーガットメール」を見ました。

主演:メグ・ライアン、トム・ハンクス

ユーガットメール384

** あらすじ **

現実の世界では敵対する二人なんて気付くはずもない、

ちょっといい感じな関係を築きつつある顔の見えない二人。

現実の世界ではいがみ合い、

バーチャルな世界での「ショップガール」と「NY152」は良き理解者の二人・・・。

インターネットで知り合った男女の運命的な恋を描いたラブ・ストーリーです。

※画像の右の三枚は上から「V字路」・カフェ「カフェラロ」・「ラストシーンの公園」。
知人に頂いた画像を載せさせていただきました。


初めて観たのはもう何年前になるんでしょう。

ちょうど、私も親しく話せるメル友さんができ、

パソコンの電源を早くON!にしたくって家族が出計らうのを待ちかねたっけ・・・。

この作品すらもソワソワドキドキしつつ観たものです。

アレから何年も経ち久々に見直したけど、やっぱりいいですね♪

メグ・ライアンとトム・ハンクスのラブコメにおける相性はピッタリだと思います、

すごく楽しくみれました。

風邪を引くたびに思い憧れます、

“ピンポーン”とだれか真っ白なデージーを届けてくれたら元気が出るんだけどな。。てね

はぁ、映画ってやっぱりいいですよね、

元気のないときには、元気の出る明るいものを観るとたちまち元気がでます、

幸せ気分がこちらにも乗り移って来るのかな。。

この作品は、これで3度目・・イエイエ、4度目かな。

連続モノのテレビドラマだと、一度見れば充分だけど、

映画って、

特にお気に入りの映画って、

新しく見るたびに、何か違うものが心に刻まれます、

さぁて、次は何観よう。。 




「恋愛適齢期」を観ました。
2008年12月12日 (金) | 編集 |
恋愛適齢期を観ました。

ずっと観たい、イヤ観たくない、とひとり葛藤していた作品です。

やっと借りました、そしてやっと観終えました。

恋愛適齢期
映画・恋愛適齢期。


熟年男女のラブコメです、テンポがよくって楽しくっていい作品でした。

ジャック・ニコルソンと柔らかなラブコメものがどうしても繋がらなくって

観たいけど、う~ん・・・ってな感じで食べず嫌いだった作品ににとうとう手を出しました。



離婚後20年も経ち一人身でバリバリ働いていた

54歳のエリカ(ダイアン・キートン)が恋し、スッゴク素直な気持で

泣いたり笑ったり心の赴くままの感情表現が可愛いんです、

抱きしめたくなりますよー

それにハリー(ジャック・ニコルソン)がまたお茶目でいいんですよ、

大いに笑えます、そして感動ももらえます、流石のジャックはいい仕事してます。。

とっても素敵な作品に出会えました,

いくつになっても人を恋する気持を持っていたいな、

素直な恋愛がしたいなって思ってしまいまいそうです。。 "r(^^;)

お気に入りのイッコがまたひとつ増えました!

食わず嫌いで今まで観なかったのが勿体無かったですぅー 



Monster House (モンスターハウス)を観ました。
2008年10月17日 (金) | 編集 |
今日は、昨日とは打って変わって雨模様です。

そんな日は、勿論DVD観賞デーです。

季節もハロウィンの頃、丁度いい作品が手に入りました。



Monster House (モンスターハウス)



ストーリーは、

子供にとっては、どこにでもあるようなご近所さんの不気味な

ミステリーに包まれたお屋敷が気になってしようがなく

昼夜を問わず監視の目を光らせていた主人公の「D.J」。

両親の留守のある夜、真向いの家が本当にモンスターが住む家だって確信し、

ちょこっとお調子者でおバカな友人と、

キュートな女子学生と三人で織り成すお化け退治のアドベンチャー・・かな。



3Dアニメーションというのでしょうか、アニメでもなく人形劇でもなく

それでいてスゴイ動きがリアルで、些細な動きがとても可愛らしい

作品でした、まず、内容よりもその動きに釘付けです。

そして最後には、ホロっと心が揺れるようなお話も隠されています。


あまり、アニメとかは見ないほうなんですが、この作品はなぜか

しっかりと楽しめました、内容はお子様向きなんでしょうけど、どこか

子供よりも大人が楽しめる作品のように思いました。



「幸せのレシピ」を観ました。
2008年06月03日 (火) | 編集 |
雨ですね、例年より少し早めに梅雨入りだそうですね。。

静かに雨が降る日は何がしたい?

私は映画が観たい。。DVDが観たい。。


キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演の「幸せのレシピ」を観ました。



何においても妥協を許さないレストランのシェフ・ケイトの元へ

唯一の肉親のだった姉の忘れ形見・寂しさのどん底の小さなゾーイと、

職場へは腕の立つニックが。。

馴れない姪っ子の世話に疲れ果て、それでも必死に守ってあげようとする私生活と

職場でのフラストレーションに悩み苛立ちながらも。。


「人生のレシピ」がないのかと問うケイト。

「それは自分でつくりあげるもの」だと答えるセラピスト。

そうなんですよね、お料理も、人生も、自分で考え、

ほんの少しのサジ加減で良くも悪くもなるんですよね。。

良かったね。。って最後に思える作品って好きです。


ポチッとひと押し応援してくださると
とっても嬉しいです、頑張れます、お願いします♪
☆たまには映画もいいね!!☆と思ったらお願いします(*^¬^*)






今日は、我が家のレシピの紹介はお休みです。

仲々劇場には出かけていく時間がないので専らDVD観賞な私なんですが、

映画を観るのが好きで、

多い時には年間100本以上観ていたのに、

ココのところ仲々見れてなくてコレが久々かな。。

忘れないようにココに残して置こうと思い、朝から観て急いで感想文の提出♪ 




『ネバーランド』をみました。
2007年06月11日 (月) | 編集 |
20070611102954.jpg



ジョニー・デップ主演の『ネバーランド』をみました。

20世紀初頭のロンドン。
劇作家のジェームズが、ある日公園で出会ったシルヴィアとその
4人の子供達とのふれあいから、後の不朽の名作『ピーターパン』
誕生の裏話を綴る、とても穏やかな作品です。


ジェームズ・バリをとても穏やかにそして優しげにジョニー・デップ

が好演しています、心静かにみれるとてもいい作品でした。

今、上演している「パーレーツ・・」とはまた方向の違うジョニーに

出会えるんですよ。。



『パーレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』
2007年06月03日 (日) | 編集 |
やっと時間が取れて劇場へ!

パイレーツ3部作の完結編となる「ワールド・エンド」。
大海原で繰り広げられる壮絶な戦いの中、
幾つもの謎が解けていき、なるほど・・の心境デス。
やはり3部作だけあります、
「呪われた海賊たち」、「デッドマンズ・チェスト」からのつながりが
ちゃんとあるんですよ、繋がりを思い出してはクスクスッと笑えます。


それにしても、いつもながら待ちかねるキャップテン・スパロウの
登場ですね、やっと出た!!
ウフフ・・とあのコミカルさにホッペを隆起しながら見入っていまうんですよね、
とってもチャーミングなあの方です♪
おひとり様、コッソリお持ち帰りは可能かしら?  ヾ(^∇^)


この作品は、やはりあのスケールを楽しみたいので大スクリーン、
大音響の中の観賞がお勧めですね、そして、2度目はDVDの
レンタルを待ちかねて切ない場面をじっくり見直したいと思います、
あっという間の3時間作品でした


この作品にもおまけがあるように。。
我が家のおまけは、
こんなに素晴らしい作品なのに、隣で体育会系おチビがく~すかぴぃ.。o○ 
や、やめてくれ~~