わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
夏野菜のスープカレー。
2017年05月21日 (日) | 編集 |

圧力鍋を戴きました
早速使うぞー!
取説読むのキライだから上手く使えるかな?ヾ(〃^∇^)ノ
加えて老眼酷いから字が見にくすぎなんだなー、
”感”で行きたいけど、圧力鍋は適当に使ったら危ないよね 

 夏野菜のスープカレー 3~4人前
 スープ・夏野菜のスープカレ

≪材料≫
a(ベーコン塊:160g じゃが芋(中):2コ 玉ねぎ:1コ 人参:1本)
b(かぼちゃ:1人2キレ パプリカ:1人×2キレ ナス:1人×2キレ)
調味料c(トマト缶:1缶 塩:小1 コンソメ:1コ ナツメグ:少々 すりおろしニンニク:小1 水:800cc)
調味料d(カレー粉:大2 こしょう:適量)
バジル・ミニトマト:適量

≪作り方≫
1.じゃが芋は皮を剥き1コを4つ切り、玉ねぎはくし型、
人参は5cm位の縦切りで面取り、ベーコンは大きめにカット
2.圧力鍋に1の材料と調味料cを入れ火にかける
※:しっかりアクとり
3.煮立ったら蓋をし圧をかけ始める→おもりから蒸気が出はじめたら弱火にし10分加熱
4.自然放置で冷ます
5.蓋を取り調味料dを加え再び火にかけ味を調整する
※ここでは圧はかけない、さっと馴染ます程度に火にかけるだけ
6.材料bを素揚げする
7.器に出来上がったスープカレーを盛り付け素揚げした野菜とバジルとミニトマトを乗せる


うん!美味しくできた― o(*^▽^*)o~♪
でも、これは日曜の晩ご飯じゃない気がする!
何故?
お昼ご飯を食べ過ぎたから! (^^ゞ

トマト缶の酸味とカレー粉の辛みが旨い具合に融合して
とっても美味しいスープカレーが出来ました。
さっぱりしているからか胃もたれしないんですよ、
お腹、すいてないなーなんて思いながらノロノロスプーン構えたのに
ぺろりんこのおかわりでした。

≪次回メモ≫
これで文句なしに美味しかったけど、プロの味を食べたことが無いので
もう少し水を控えて作ってみようかな!次回は水600ccで調理しよ。

それにしても、圧力鍋の威力サイコーです!
10分加熱でとっても美味しくできたよー
ありがとねー、お料理の幅が広がる事間違いなし 
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪  


* * * * *


今日は、非常に目が見にくい。
眼から加齢の足音が・・・、
いえ、すでに加齢し過ぎて老齢どっぷりかも知れない!
自分では認めたくないけどこれが現実 






ブイヤベース。
2015年12月09日 (水) | 編集 |
我が家の休日ご飯はワイワイつまめるモノだったり

つつきあえるものが大半です、なんかね、調理が楽な気がしちゃって・・。 ( ´艸`)

で、先週末は洋風鍋  をメインにね。

ブイヤベース
サラダ
フランスパン
前日の残り物(肉ぴらゴボウ、カブのレモン和え)

 ブイヤベース
鍋物・ブイヤベース

≪材料≫
タラ:2切れ 有頭エビ:4尾 ハマグリ:1パック
ニンニク:1かけ 玉ねぎ:1/2コ セロリ:1/2本 ローリエ:1枚
トマト:中2コ 粗ごしトマト:1パック 水:2C 
オリーブオイル:大2 塩:小1 イタリアンパセリ:適量

≪作り方≫
1.タラは食べよい大きさに切る
2.エビは背の部分に爪楊枝を刺しワタを抜き取る
3.ハマグリは水につけ砂抜き→殻のぬめりを軽くこすり落とす

4.ニンニクはみじん切り、玉ねぎ・セロリは粗みじん切り
5.フライパンにオリーブ油とニンニクを入れ火にかける
6.ニンニクの香りが出たら、玉ねぎとセロリを加えしんなりするまで炒める
7.タラを加え両面に火を通しながら5分ほど炒める
8.ザク切りにしたトマト・粗ごしトマト・水を加え煮立たせる
9.煮立ったら、中火にし時々混ぜながら10分煮込む
10.エビ・ハマグリを加え、ハマグリの口が完全に開くまで煮詰める
11.塩を加え味を調えイタリアンパセリを加え火を止める

他にイカやムール貝を加えれば見た目も鮮やかになるけど、
我が家のチビ姉さん、イカ、苦手です。
私、ムール貝、苦手です。
なのでこれが我が家の完成形!魚貝の味が染み出しフランスパンととっても合います!
ハード系のパン好き我が家によく合うスープで~す。

あ!
実は、イタリアンパセリを買い忘れた私は、
ナント!セロリの葉っぱで代用という事にしてしまいました~ 
バレてた? 


* * * * *


先日、念願の人形供養の神社に行ってきました。
和歌山市加太にある「淡嶋神社」。
針供養や人形供養で有名な神社です、境内には所狭しと
ひな人形や日本人形、フランス人形、焼き物の人形、等々並べられています。
出来ることなら二人の娘が嫁ぐ日までひな人形は手元に置きたかったけど、
いろんな事情があって今回、1ケースを除いて処分です。

淡嶋さん正面にある鳥居を通過後すぐ傍にある神社の駐車場に車を止め、
まずは、人形供養ができるか聞いたあと人形を持ち込みました。
人形は包み紙からはがし、道具なども省きそのままで。
ケース人形はケースなどは省き人形のみを指定された箱に入れます。
焼却料として1箱:500円、そしてお気持ちをお渡ししたら
人形(ひとがた)を渡してくれそれに住所・氏名・願い事を記入して渡します。
最後にお伊勢さんのお札と厄除箸を頂き、無事終了。
ここ4年間、ずっとずっと気になっていた雛人形の処分、
やっとやっと納めることが出来ました。
行くまでは、どんなにすればよく分かず不安だったけど、
行ってみれば思いのほか簡単に終わることができ肩も軽くなりました 
案ずるより生むが易し・・ですね。




迷走中の冷やしおでん。
2014年07月31日 (木) | 編集 |
暑中お見舞い申し上げます 

毎日暑いですね、それでも、先週に比べたら暑さも穏やかな気が・・、するね 

暑い日は冷たいモノを食べよう!が最近のわが家です。

で、冷やしおでんにしました 

 冷やしおでん
鍋料理・冷やしおでん

≪材料≫
大根、玉ねぎ、こんにゃく、トマト、オクラ、練り物

≪作り方≫
味付けに関したら只今迷走中に付き書けませーん ( ´艸`)
ちょっと、自分なりにあれこれやってみます。


そうそう、
トマトは見ての通り、
時間が無かったのもありそのままお出汁につけたら笑えました!
普通にトマト?! 
で、
このあと、もう一度火にかけやや冷めた所へトマトを投入し翌日まで放置したら
バツグンに美味しくなりましたとさ 

このまま、冷たいモノばかり食べ続けていたら
きっと、秋口には夏バテだな。。  
~わかっているのにやめられない!ってね


* * * * *


先日、縁があり京都に実店舗を構える「古美術やかた様」と相互リンクさせて頂きました。

趣きのある暮らし」の中で素敵な文章で紹介して下さっています。

ちょうどお申し出を戴いた数日前に久々に京都に出かけ、京都の魅力に

とりつかれていたところだったからか不思議な”縁”を感じてしまったわけです。 (^^ゞ

古美術、まるっきし見る目はありませんが興味はあります、

特に陶芸品。

見たい、触りたい、作りたい、そんな気持ちから陶芸教室の門をたたいたものの

1年と半分ほどで事情があり長期休憩中・・。

古美術やかた様のページを覗かせて貰ったら、

久々に土に触れたくなった永遠に初心者の私です 




豚汁。
2014年01月26日 (日) | 編集 |
「ぶたじる」、「とんじる」、読み方はどっちが正解なんでしょ?!

なんて思いながら大量に「豚汁」を作りました、

何人家族?って程にね 

 豚汁 20杯分
汁物・豚汁

≪材料≫
(a)豚バラ:100g(4~5㎝長さに切る)

(b)大根:100g(7㎜厚さ・イチョウ切り)
(b)人参:100g(7㎜厚さ・半月切り)
(b)ごぼう:100g(大き目のささがき)
(b)生シイタケ:100g(軸を落とし半分)
(b)こんにゃく:1枚(茹でる・手で千切る)
(b)油揚げ:1枚

(c)豆腐:半丁(2㎝くらいの賽の目)
(c)白ネギ:1本(1㎝くらいにぶつ切り)

汁物・豚汁2

サラダ油:大1 田舎みそ:適量 ダシ汁:適量
※今回はおじゃこでダシを取りました

≪作り方≫
1.鍋にサラダ油を敷き(a)の豚バラを炒める
2.豚肉に程よく火が通れば(b)の材料を全て加えさっと軽く炒める
3.2の全体に油が回ればダシ汁を入れてコトコト煮る
4.大根に竹串がすっと通れば(c)の材料を入れさっとひと煮立ちする
5.味噌は味を見ながら溶きほぐしいれる
※味噌を入れたら沸騰させない!
6.出来た~~ヽ(*^^*)ノ
汁物・豚汁1


美味しく作りたかったからお味噌はお味噌屋さんで選んできました。
専門店のお味噌だからか、
大量に作ったからか、凄く美味しく出来上がりました!
普段私が作るのには小芋が入るので、次は入れてみようかな!
そうすれば100点満点の「豚汁」の完成だ


* * * * *


仲良しさんに教えてもらった「以前見たドラマのお気に入り!」

年明けの長い休みの間にレンタルビデオで見ました。

私も凄くお気に入りのドラマとなりました。



鈴木常吉のどこか悲しげな「思ひ出」の曲を耳にしながら

大ガードを抜け煌くネオン街の中歌舞伎町へと・・、

東京の片隅で深夜から朝にかけて食堂を営む店主が手順よく豚汁を作り・・、

毎回変わらないそのオープニングに惹かれて行きます。

(このドラマが好きな人ならここまで読めば、うん、うん、って頷くかな)

その「豚汁」がすごく美味しそうで食べたくなるんですよ、

で、上の様に作ってみました。

うん、凄く美味しい。 

目に移った材料を集め同じように再現してみたけど、

本当はどうなんだろう?足りないもの無いかな・・?

もしかしたら、ごぼうは不要かも? 時間が経つとね、みそ汁の色が悪くなってね・・。

そのドラマは「深夜食堂」。

とてもホッコリ出来ました。

また、いいのがあれば教えて下さいね。



ポトフ。
2013年11月13日 (水) | 編集 |
信じられないくらいに急激に冬ですね! 

比較的寒さに強い私は部屋の中ではいまだに半袖だけど、

さすがに朝晩寒いですね、半袖もいつまで持つか?!って所です!

で、今夜は湯気の立つモノに決定♪ ヽ(*^^*)ノ

今夜の献立は、
・ポトフ 
・かぼちゃのサラダ 
・ガーリックトースト

で、レシピは・・、レシピなんて不要な位簡単に作ったコレ 

 ポトフ 4人前
鍋料理・ポトフ

≪材料≫
a(玉ねぎ(小さいモノ):4コ じゃが芋(小さいモノ):8個 人参:1本 キャベツ:1/4玉 
ウインナー:4本 塊ベーコン:8キレ 月桂樹:数枚 コンソメキューブ:3コ) 
b(かぶ:4コ 塩:小1(←味を見ながら調節) 粗挽き黒こしょう:少々)
c(ブロッコリー:1/4房)
粒マスタード

≪作り方≫
1.野菜は皮を剥きそれぞれに大きめに切る
2.鍋にaの材料全てを入れ水がひたひたに浸かるまで入れ火にかける
3.沸騰したら弱火でで30分コトコト煮る
4.bを加え更に10分コトコト煮る
5.火を止める直前に別鍋で下ゆでしたcのブロッコリーを加える

※1.2.3.の行程は朝に済ませました、残りは夕方♪


さぁ、トロトロに煮込んだポトフが出来上がりました、
粒マスタードをたっぷり乗せてハフハフ旨かった p^^q


* * * * * 


只今、ダイエット大絶賛中♪

でも、たまにはお菓子だって食べたい 

これ、これ! 

市販のお菓子・さつまりこ

大人買いしたい位にお気に入り♪

期間限定?そろそろ終了しちゃいますか?

やっぱり大人買いしとこうかな~ 









具だくさんクリームシチュー。
2013年02月22日 (金) | 編集 |
まだまだ寒い日が続きますね、

今年の冬は寒い!

ここ和歌山でも雪がチラつく事暫し有りでした。

今日も、雪は降らねど、やっぱり風が冷たくって・・。

そんな時はシチューかな!

お腹から温めないとね 


 クリームシチュー
鍋物・クリームシチュー

≪材料≫
じゃが芋 玉ねぎ 人参 ベーコン しめじ ブロッコリー
市販のシチューのルー 塩・コショー

≪作り方≫
ベーコン、しめじ、ブロッコリーはルー投入後に加え更に5分ほど加熱
※ブロッコリーはやや硬めに塩ゆでする。ベーコン、しめじは生のまま投入。


市販のルーを使うのでレシピに上げるほどでもなかったのですが、
我が娘達の為の具材の覚書です。 (*^^)v 


* * * * *


出来合いのモノやレトルト食品はなるべく使わないのですが、

シチュー、カレー、麻婆豆腐、

頑なに、この三つは市販品のルーに頼ってしまいます。

以前友人に言われました、

「麻婆豆腐は100%手作りでしょ!!」

「次回からそうしてみるね」

そんな会話からどれだけ経ったかな・・。

我が娘でも麻婆豆腐は手抜きなしの手作りなのに、

やっぱり頑張ってみないとね。 ( ´艸`)






うどんすき。
2013年02月16日 (土) | 編集 |
寒かったり、暖かくなったり、

そろそろ三寒四温が繰り返され始めましたね、

春、近し?

それでもお鍋はいつの季節でも美味しいです。

先日、私の好きな鍋ベスト5にランクインする“うどんすき”で温まりました

 うどんすき 3~4人前(9号鍋)
鍋物・うどんすき

≪材料≫
鶏もも肉:1枚 ハマグリ:5~6コ エビ:5~6尾 なると:1/2本 油揚げ:1枚 
白菜:1/2玉 白ネギ:2本 春菊:1束 舞茸:1パック エノキ:1パック
うどん:2玉

≪ダシ≫
だし汁:800cc 薄口しょうゆ:大3 みりん:大2 酒:大2 塩:小1
※だし汁には(昆布10㎝×2枚)+(あご入りの袋ダシ×2)使用
結構優れもので失敗なくいいお味が出ます。 

≪作り方≫
1.白菜は下ゆで→ザルに上げ湯切り→簀巻きでギュッと巻き水けをきりカット
2.他の具材もそれぞれに下処理。
3.鍋にだし汁を張り具合を順次入れる

またまた、いい加減なレシピです。(^^ゞ
これだから離れて暮らす長女に「ハハのレシピは難し-」と言われるのかな!
お料理学校のつもりで、まずは傍で習ってもらわねば♪

*** ひとり言 ***
実はこのレシピブログ、自分自身のための覚書でもあるんです。 (*^^)v