わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
ちらし風うな丼。
2017年08月14日 (月) | 編集 |

先日、思いがけず”うなぎ様”を戴きました 
予期していなかっただけにすごく嬉しい (」*´∇`)」
うなぎと言えば、
我が家定番の食べ方はコレ
以前、記事として載せてるかも・・?
記憶は定かではありましぇん。 (^^ゞ

 ちらし風うな丼 1人分
ご飯・ちらし風うな丼
≪材料≫
うなぎ:1尾 炊き立てご飯:0.7合
干し椎茸:2枚 卵:1コ 甘酢生姜:適量 パセリ:適量
タレa(付属のうなぎたれ:1袋 + しょう油・砂糖・みりん・酒:各大1)

≪作り方≫
1.干し椎茸は水に戻し甘めに煮る(分量外)→細切り
2.卵は塩ひとつまみと水(小1)を加え薄焼き卵を作る→細切り(錦糸卵)
3.タレaを小鍋に入れ軽く沸騰しておく
4.どんぶりにご飯半量を平らに盛る
5.軽く炙りなおしたうなぎを敷き詰める→タレと粉山椒をかける
ご飯・ちらし風うな丼1
6.残りのご飯を乗せる→うなぎが隠れるように平らにならす
7.タレをかける
8.椎茸→錦糸卵→うなぎの細切りの順に盛り付ける
9.タレを回しかける
10.甘酢生姜とパセリをのせる

うなぎを食べるのは久しぶりでした♪
ふっくらしてて美味しかった~
+゚。*(*´∀`*)*。゚+
気が付けばどんどん高騰しててね、購買意欲が萎えるのです! 

これ、これ、これですよ。

ご飯・ちらし風うな丼2
本場の味はサイコーでした 
ありがとー 




鱧の押し寿司。
2017年08月06日 (日) | 編集 |

夏です、鱧の美味しい季節です 
久しく”寿司”と言うジャンルのものを食べていないから
押し寿司に決定 +゚。*(*´∀`*)*。゚+

 鱧の押し寿司
ご飯・鱧の押し寿司

≪材料≫
鱧の切り身(10×15位の物):1切 干しシイタケ:4~5枚
鱧の調味料a(しょう油:大1 砂糖:大1 みりん:大1 酒:大3 粉山椒:少々)
椎茸の調味料b(しょう油:大1 砂糖:大3 椎茸の戻し汁:1C )
酢飯(米:2合 砂糖:大2/3 塩:小1/2 酢:大5)

≪作り方≫
1.酢飯を作り冷ましておく
2.鱧は焼く→ほぐした身と調味料aを煮詰めそぼろにする
3.しいたけをみじん切りにし煮汁がなくなるまで煮詰める
4.しっかり濡らした型に酢飯→椎茸→鱧
※具材を入れる度に押し蓋でぎゅーっとしめる
5.型に輪ゴムを巻きしばらく置き馴染ます

今回は鱧は焼いてポロポロになるようにしました。
酢飯はいつもよりすっぱめに作ったから夏仕様のさっぱりと!
以前、泉南の知人宅の秋祭りにお呼ばれした時に
出してもらったこの押し寿司!
コレはこれで美味しいけど、あの時のはもっと甘かった♪
仕切り直しか~ (´∀`*;)ゞ 


* * * * *


ひとり暮らしを謳歌している私に友人からの質問。
「ね、独り暮らしになって困る食事はなに?」
『うーん、手巻き寿司と鍋は虚しい』
「確かに!考えただけでも虚しい!」
と、大笑いしてくれました 
『酷いなー、笑うなー、同情してよー』
って、
二人して大笑いの巻~でした。 (*σ´Д`*) 
高齢化社会でもあり、
子供世帯と同居をする家庭が少なくなってきたのもあり、
ひとり暮らしの割合がうんと増えてる昨今だそうで、
色んなモノが時代の流れと共に変わってきてますね。




手打ちうどん。
2017年05月05日 (金) | 編集 |

五連休、これぐらいの纏まった休日にしたかったことがあり
キッチンに籠りました。
目的のものはまだ完成しないけど、
その合間に捏ねて、捏ねて、寝かせて、踏んで、
手打ちうどんを作りましたー 

 手打ちうどん 2~3人分
麺類・手打ちうどん

≪材料≫
中力粉:300g 塩:15g 水:150cc
※中力粉が無かったので(強力粉2:薄力粉1)の割合のもの使用

≪作り方≫
1.塩を水に入れ溶かしておく
2.大きなボウルに粉を真ん中をくぼませ広げる
3.くぼめた穴に塩水を入れる
4.指を立ててふんわりと全体を混ぜ合わせる
5.ボウルに粉が残らないように捏ねる
6.丸くまとめたらボウルの中央に入れラップをしてねかす(40分)
7.生地が滑らかになるようにようく捏ねて丸くまとめる
→ナイロン袋に入れ寝かせる(1時間)
※画像は、寝かせ終わったうどん玉です。
麺料理・うどん1
8.破れないような強めのナイロンにうどん玉を入れる
9.大判のタオル→8のうどん玉→大判のタオル→踏む(200回くらい)
10.平らに伸びたうどん玉を縦に3つ折り→横に3つ折りにする
11.再びナイロンに入れ9の行程と同じように踏む(更に2回繰りかえす)
12.ナイロンから出し、うどん玉を丸める→伸ばしやすいように平らにする
麺料理・うどん2
13.粉を振ったまな板の上で平らに伸ばす(4㎜薄さまで伸ばす)
麺料理・うどん3
14.伸ばした生地を折り畳み4㎜の太さに切っていく
※くっつかないよう粉をまぶす
麺料理・うどん4
15.沸騰した湯で15分ゆでる
16.ぶっかけやざるうどんにする場合は流水で洗いしめる
※釜揚げなら洗わずそのまま茹で汁につける
※残ったら茹でたものを1人前ずつに分けて冷凍保存

美味しい♪
かなり前に作った時より数段美味しくできた!
なんか、嬉しいな
もっともっと上を目指し本格的なものが作りたくなってきた 
しかし、問題が!
そんなに作って誰が食べるのかな? (^^ゞ
ひとりじゃ食べ切れないと思いま-す、
コレ、永遠のテーマになるかも?
作りたい!食べ切れない!! ってね





筍ご飯。
2017年04月16日 (日) | 編集 |

春ですね、今年は寒さが長く続いたからか
やっと春が来たって感じですね 
食卓にも勿論春を呼び込みましたよ。
友人に貰った筍で筍ご飯!

 筍ご飯 
ご飯・筍ご飯

≪材料≫
米:2合 茹でたけのこ:150g 油揚げ:1/2枚
だし汁:2合分
調味料a(薄口しょうゆ:大2.5 みりん:大1 白だししょう油:小2  塩:少し)
山椒の葉:適量

≪作り方≫
1.米は洗いザルに上げる
2.たけのこは食べよい大きさに切る
3.油揚げは5mm位の大きさに切る
4.釜に米→2合分のだし汁→調味料aを入れ混ぜ合わす
5.油揚げとたけのこをのせる
5.スイッチON!

炊き立ては旨い 
旬の香りがぷーんと漂いますね♪
以前作った時は筍を下味付けをしたしたけど今回はそのまま使用!
うん、あっさりしていて旨し!
年中、水煮で売ってるものと違い筍の香りがしていいものですね。
筍好きさん、この指とぉ~まれ♪って言いたくなりますね。 


* * * * *


お裾分けしてもらった筍だけじゃ足りないよーって事で
預かっている車を定期的に動かす為の目的地を産直広場にした!
初夏のような暑さの中ルンルン車を飛ばしながら産直に到着
久々に行ったら、旬の野菜や果物がどっさり並んでた!
筍、フキ、イタドリ、春キャベツ、スナップエンドウ、レタス、葉野菜、
ひとりでどうやって食べきるの~って程に買ってしまった!
暫く野菜天国な私の食卓だな、コレ 
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ 






じゃこめし。
2017年03月01日 (水) | 編集 |

今日の食事事情が凄~~く、わがままかも? ( ´艸`)
朝食:おかいさん
昼食:いちごの食べ放題
おやつ:桜もち&串団子

胃腸が悲鳴を上げそうなので、夜ご飯はシンプルに。 

 じゃこめし
ご飯・じゃこ飯

≪材料&作り方≫
しらすの佃煮 : 大1 
大葉(半分に切る→千切り)  : 4枚   
紅ショウガ(みじん切り) : 小1
白ネギ(みじん切り) : 大1
生姜の甘酢漬け(粗みじん切り) : 隠し味程度なので少し

上記を 「炊き立てご飯 : 1合」 に、さっと和えるように混ぜ合わす


炊き立て白ご飯が、色んな味をひとつにまとめてくれる
とっても美味しいご飯だと思いまーす。
具材は、その時々で多少変えるので、楽しくて美味しい o(*^▽^*)o~♪ 

コレで、本日のへんてこな食事状況に四苦八苦していた私の胃腸が
きちんと納まったようです 






小松菜とベーコンのトマトパスタ。
2017年02月27日 (月) | 編集 |

休日に、少~しだけ手間をかけてお料理しました。

手間と言っても、

手作りソースを作っただけ? め、面目ない。。 

 小松菜とベーコンのトマトパスタ 1人前
パスタ・小松菜とベーコンの

≪材料≫
パスタ:90g トマトソース:大4
小松菜:60~80g 塊ベーコン:60g 塩・こしょう:少々 オリーブ油:大:1/2

≪作り方≫
1.湯を沸かし、塩を入れたたっぷりのお湯でパスタを茹でる
2.小松菜は3cm位に切る
3.ベーコンは拍子切り
4.熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、ベーコンをこんがり焼く
5.小松菜の茎の部分を先に加えさっと炒める→葉の部分も加える
6.トマトソースを加える
7.塩こしょうで味を調える
8.茹で上がったパスタを加えさっと絡ませる

※トマトソースはリンク貼ってますので ≪材料≫トマトソース へ、カーソル合わせてね♪
※小松菜は炒めすぎないようにしてシャクシャクっとした食感を楽しもう!

写真の腕も、盛り付けもイマイチなんだけど、
おまけに小松菜入れすぎたけど、
お味はいいですよー、ちょっと春を感じた! 


* * * * *


今、ひとり暮らし。
今まではあまり大層には節約できていなかったように思うから
この際、目いっぱい節約してみよう!と一念発起です。
色んな必要経費の予算を決めて、食費も極力少なく見積もってみた!
ひと月、諭吉様2名。
1月、2月、と実行してみて、
これ厳しいです!
限りがありすぎて、
好きなお料理が存分に出来ません!
好きなお菓子作りが出来ません!
あ!お菓子も買えないよ~~ w(*゚o゚*)w
でも、たまにはこんな生活もいいな・・ってちょっと思い始めてる。
なんでも、あって当たり前!じゃなくて、不足も必要かも。
今更ながらだけど、もう少し頑張ってみよう。 





炒飯。
2016年10月30日 (日) | 編集 |

炒飯とオムライス、どっちが好き?
オムライスは作るの苦手だから、食べるのも作るのも炒飯に軍配~ 
で、
絶賛お料理の腕磨き中のチビ姉さんに炒飯のレシピの伝授 

 炒飯 2人分(大盛りだよ♪)
ご飯・炒飯

≪材料≫
ごはん(温かいモノ):お茶碗大盛り2杯 卵:1コ サラダ油:大2
具材a(ベーコン:2枚 玉ねぎ:1/4玉 人参:玉ねぎと同量 ピーマン:1コ)
具材炒め時b(塩・こしょう:適量)
ご飯炒め時c(塩:小3/4 粗挽き黒こしょう:適量 ウエイパー:小2)
仕上調味料d(酒+しょう油:各小1) 

≪作り方≫
1.玉ねぎ・人参・ピーマンはみじん切り、ベーコンは細切り
2.サラダ油大1を入れたフライパンを火にかけ温まれば溶きほぐした卵を入れる
→さっとかき混ぜ、半熟ぐらいで器にとりだす
3.フライパンに残りのサラダ油大1を入れ具材aを書いている順に
加えながら炒め調味料bの塩こしょうで味付け
※火の通りにくい順
4.具材に火が通れば2の卵を加える
5.ご飯を加えさっと炒め合わせ調味料cを加え味を調える
6.仕上げに調味料dをフライパンの鍋肌に回しかけさっと混ぜ合わす

上の写真はチビ姉さん作の初炒飯 
私の指導の下、写真のように炒飯を作り上げました!
うーん、とっても美味しく出来てるよーー 


* * * * *


午前は、防災訓練に参加。
あちらこちらで地震の乱発する昨今なので、いつもはスルーする
マンション内での訓練に参加しました、
ちゃんと自分なりに出来る事をしておかないとな・・って実感。

午前は、総会に参加。
今のマンションで暮らし始めて既に5年が過ぎたけど、総会は初参加。

【留任】の中から1つ、【新任】の中から2つの役職を決めて下さーい。
と言う事で、
新任7人の内出席者4人でどうやって決める?の話し合い。
aさん「どうします?」
bさん「どうします?」
cさん「欠席者でクジしよう」
dさん「欠席裁判は駄目よー、」
cさん「役に付きたくないから総会に出席したのにー」
dさん「じゃ、立候補、推薦、全員でのクジでする?」
~ dさん、cさんの意見は軽くスルーです ~
aさん「推薦は、お互いの事を知らないので無理だね」
そんな話の流れから、お世話役さんに今までの経緯を聞いたところ
『クジが一度あったけど、あとは話し合いで決めてますね』
と言う事で、
「じゃ私がしましょう!後ひとつは・・、」と、言いながら
ニコニコ見つめられた私はそのまま頷いてしまった!
あぁぁぁぁー、なんか話の流れで役職を貰ってしまった。。
一年間、頑張らねば・・なんだけど、心配事が!!
定例会は午後8:00から2時間程。
早寝の私に全うできるだろうか・・・、
役付きならお先に~って訳にも行かないよね!
(´。・ωq)(pω・。`)