FC2ブログ
わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
おそうじピッツァ。
2018年07月18日 (水) | 編集 |

早くから夏バテ気味なチビ姉さんがいない先日の夕ご飯は、
おそうじピッツァにしよう
ピザが食べたい、でも冷蔵庫にパラパラと残った食材。。。
そうだ、お掃除がてらピッツァにすればすべて解決かな!
ピザ生地は今までで求めていた”もちふわ”に近いものができ上ったし
と言う事で、焼いたよー 

 おそうじピッツァ 1枚分
パン・おそうじピッツァ

≪材料≫
玉ねぎ・ベーコン・たこ・アンチョビ:適量
ピザソース・とろけるチーズ・カイワレ大根:適量

≪ピザ生地≫ ~2枚分~
a(水:190ml オリーブ油:20g 塩:6g 強力粉:270g 薄力粉:30g )   
トライイースト:3g
①ピザ生地の材料aの順にホームベーカリーのケースに入れセットする
②ドライイーストは所定の場所へ
③コース「ピザ生地」にセットしスタート(約45分)

≪トマトソース≫
トマト缶:1缶 ニンニク:ひとかけ 塩:小1/2 タバスコ:適量 オリーブ油:大1
①フライパンにオリーブ油とみじん切りにしたニンニクを入れ火にかける
②じっくり炒めニンニクの香りを出す
③トマト缶と塩とタバスコを入れフツフツ煮立ってきたら弱火にし10分煮詰める
※タバスコは入れても入れなくてもいい!

≪作り方≫
1.生地を上のようにスタートさせる
2.トマトソースを作る
3.生地が出来上がれば2分割→タッパー→20分休ませる
※今回は1枚焼成なので1コはナイロンに入れ即冷凍へ!
4.台に打ち粉をし生地を薄く丸く延ばす
5.天板にオーブンシートを敷く
6.生地をのせ形を整える→フォークをさしてあちこち穴をあける
7.ピザソース→野菜→好みの具材をのせる
8.とろけるチーズをのせる
9.250度に予熱したオーブンで12~3分焼く
10.焼きあがればたっぷりの野菜をのせる
※途中でフレンチドレッシングをかけて味変を楽しむ

やっぱり熱々のピッツァはうまい!
たこ焼きの残りのたこや買ったもののなかなか使ってはもらえない
アンチョビが美味しく生まれ変わったねー。
カイワレもいっつも使い切れないのがここにたっぷり乗せれば
美味しさも倍増だー
 ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


* * * * *


夏です、果物が美味しい季節ですね。
あら川の桃が大きくって瑞々しくって美味しい
くだもの・桃

7月初めにひとパックの桃を戴き、
その後、ひと箱を戴き、一週間もしないうちに注文していた桃も届き、
我が家はふたりでは食べきれないほどの桃まつりだったのが、
やっと終わったー ヽ(´∀`)ノ
桃の加工法、ほとんど知らなくって
二人で毎日毎日食べ続けたけど、さすが24個は多すぎました。
来年用に何か探らないとね 








ポテソ。
2018年05月13日 (日) | 編集 |

じゃが芋収穫の季節ですね!
2月初旬に植えたじゃが芋の収穫~
うっ!またしてもいいものが収穫できなかったねぇ、
ちびっこいのばかり20個ほどね。
そんな事もあろうかとお店で買っておいた新じゃがで作りました 
以前、レシピとしてあげているかもしれないけど・・・、
書いておこうっと♪

 ポテソ 2~3人分
オーブン料理・ポテソ

≪材料≫
じゃが芋(中):2コ ウインナーソーセージ:4本
塩・こしょう:適量 とろけるチーズ:適量
オリーブ油:大1 パセリ;少々

≪作り方≫
1.じゃが芋はくし形に切り固めにゆでる
2.ウインナーは斜めに2つ切り
3.耐熱皿に薄くオリーブ油を塗る(分量外)
4.3にじゃが芋、ウインナーを盛り付ける
5.塩・こしょうをふりかける
6.とろけりチーズをのせる
7.オリーブ油(大1)を回しかける
8.220℃に予熱したオーブンで焦げ目がつくまで焼く
(機種によって違います、我が家は15分程)
9.焼きあがれば細かく切ったパセリを振りかける

じゃが芋の美味しい季節だからより美味しく食べられるし、
簡単なので休日のお助け料理です♪
ウインナーの代わりにベーコンを入れて「ポテベ」
ウインナーの代わりにアスパラを入れて「ポテパラ」
ウインナーの代わりにゆで卵を入れて「ポテ玉」
そんな風に色んなバージョンで楽しんでまーす 


* * * * *


東の国から引き揚げてきたチビ姉さんが戻って
日々の食事の支度をやってくれるようになって
私の出番は休日のみ。
楽だー♪
夢の”玄関あけたら5分でご飯”が実践できている今、
幸せすぎる~~
いつまでも続くといいけど、これもまた期間限定かもね 
そんな訳で、楽をさせてもらっているから
新しいレシピを開拓する意欲もなくなまけもの
一直線の昨今です。 (^^ゞ




牡蠣とほうれん草のグラタン。
2018年02月05日 (月) | 編集 |

たまに、
と言うか年に一度くらいは牡蠣が食べたくなります。
今がその時かな。
昨日牡蠣フライ、
そして今日は牡蠣とほうれん草のグラタン。
生ものですから続けて牡蠣料理ね♪

 牡蠣とほうれん草のグラタン 1人分
魚貝料理・牡蠣とほうれん

≪材料≫
牡蠣:1/2パック ほうれん草:70g 玉ねぎ:1/4玉 バター:大1
ホワイトソース(小麦粉:大1.5 バター:1 牛乳:60cc コンソメスープ:60cc 塩・こしょう:適量)
とろけるチーズ:適量 塩こしょう:適量
※ホワイトソースの分量は目安です、実は目分量でゆるめに作った!

≪作り方≫
1.牡蠣は大根おろしで軽くもみ洗い→流水で洗う
2.薄く小麦粉をまぶす(小麦粉は分量外)
3.フライパンにバター(大1)を入れ2の牡蠣がぷっくらするくらいに軽く焼く→皿にとりだす
※オーブントースターで再加熱をするので完全に火が通らなくてもOK
4.牡蠣をとりだしたフライパンにスライスした玉ねぎを入れ炒める
5.玉ねぎに火が通れば3cm位に切ったほうれん草を加えさっと炒める→皿に出す
※軽く塩こしょう
6.ホワイトソースを作る→牡蠣と玉ねぎ・ほうれん草を加えさっとかき混ぜる
7.塩・こしょうで味を調える
8.耐熱皿に移す→とろけるチーズをのせる
9.オーブントースターでチーズに程よい焦げ目がつくまで焼く

牡蠣がぷくっとしてて、
ちょっとゆるめなホワイトソースとの程よい絡みが美味しかった―、
また作りましょ ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ 
今日みたいな極寒の日にはサイコーなご馳走でした


* * * * *


先日、長女のお誕生日でした。
おめでとう♪のLINE送付。
暫くしての返事に
「娘の年齢 覚えといてー♪(笑)」だって。
ウフフ、
1歳多く祝ってしまったようです
子供達がどんどん歳を重ねていくから
分からなくなってきた―
すまんなー。 






のっかってみた♪
2016年01月24日 (日) | 編集 |
何気にネット検索していると、

「ぎゅうぎゅう焼き」なるキーワード発見。

気になって覗いてみるとオーブン皿に何やら食材をぎゅうぎゅうに詰めて焼くと

それはそれは簡単且つ美味しいと!

そんなに美味しいなら作ってみようっと、のっかってみみました。

 我が家のぎゅうぎゅう焼き
オーブン料理・ぎゅーぎゅー

出回っている簡単なレシピを参考に、
いろんな食材を詰め込んで塩コショウで味付けし、たっぷりのオリーブ油を
回しかけ焼いてみました。
結果、私には乗っかりきれず! 
こんなになっちゃった。


オーブン料理・ぎゅうぎゅー

根菜類に関しては下ゆでしていたものの、鶏肉との焼き加減に大きな差があり
見た目以上に、美味しく無かったです。
美味しく焼き上げるには、同居させる具材を吟味したり、下処理に時間をかけて
同じくらいの時間で焼きあがるようしないといけませんね。
あ、もしかして、チーズを回しかけたら上手くいくかも?
改善してみよう~~っと 


* * * * *


先日、知人宅に不幸事がありお参りに行く事に。
乗せてってあげようとのありがたい申し出を断り自力で行ったのはいいものの、
ピンポイントな場所分からずで広い広い駐車場をウロウロして
迷子になっちゃった!
時間が迫る中、思い切って社長に電話。
「今どこですか?場所が分かりませーん」
詳細聞き専用駐車場へは辿り着いたものの次は建物が分からない、
うろうろうろうろ・・・、
もう帰っちゃおうかな~なんて頭がよぎった時、
遠くで両手を振り回しながら合図を送るシルエット発見!!
あー、社長だ~~~
場所もわきまえずに発見できたことが嬉しくってニコニコしながら走り込んでしまった。
気が付けば、不謹慎極まりなかったな。。 (^^ゞ
因みに、迷子は私だけではなかったようです、あ~らら。






かぼちゃとブロッコリーのグラタン。
2012年08月01日 (水) | 編集 |
日が経つのは早いですね、もう8月

時間の経ち方が、

子供の時と大人になってからだと全然違って感じます。

体内時計が加速してる!!! 

・・なんて、大きなひとり言つぶやいてないでおうちごはん


 かぼちゃとブロッコリーのグラタン 大き目のグラタン皿×2
オーブン料理・かぼちゃとブ

≪材料≫
かぼちゃ:1/4コ ブロッコリー:1/2房
エビ:6尾 玉ねぎ:1/4 塩・こしょう:少々 サラダ油:大1

≪ホワイトソース≫
バター:大2 小麦粉:大2 牛乳:1C 水:1C+固形コンソメ:1/4かけ 塩こしょう:少々

≪作り方≫
1.かぼちゃは2㎝大のサイコロ状にカット→ラップを→レンジで3分ほどチン
(皮はむいた方が口当たりがいい!)
2.ブロッコリーは塩ひとつまみを入れた熱湯でやや硬めにゆでる
3.フライパンにサラダ油を引き、玉ねぎを炒める
→しんなりしたら下処理をしたエビを加えエビに火を通し塩こしょうで味を調える
4.3にホワイソースを加え具材とソースをなじませる
5.器に4を入れる→ブロッコリーとかぼちゃを交互に並べ盛り付ける
6.チーズをのせて220度の予熱済みオーブンで15分焼く


暑いときに熱いモノはやっぱり美味しいのです

ちょっとチーズが焦げてしまったけど、

ブロッコリーの緑とかぼちゃの黄色が彩りよくて

見た目だけでも食欲出まーす

ぷりっぷりえびも旨いのです。。( ´艸`)



エビとじゃが芋とブロッコリーのグラタン。
2009年11月29日 (日) | 編集 |
気温が低くなってくるとあっつあつのものが美味しいですね。

今日は、大きな耐熱皿にたっぷりと作りました。 


 エビとじゃが芋とブロッコリーのグラタン 3~4人前
オーブン料理・エビとじゃが

≪材料≫
エビ:5尾 エビ下味a(酒:小2 塩:少し) サラダ油:適量
じゃが芋:中2コ ブロッコリー:1/2房  塩、こしょう:適量 とろけるチーズ:適量

≪ホワイトソース≫
バター:大2 小麦粉:大2 牛乳:1C 水:1C+固形コンソメ:1/4かけ 塩こしょう:少々

≪作りかた≫
1.ホワイトソースを作る
2.えびは殻を剥き背を深めに開き下味aをまぶす→油を敷いたフライパンでソテー
3.じゃか芋は皮を剥き7mm厚さにスライスし竹串がすっと通るまでゆでる
→水分を飛ばす
4.ブロッコリーはやや大きめの房に分け塩茹で→ザルに上げる→塩こしょう
(やや硬めにゆでる)
5.器にエビ、じゃが芋、ブロッコリーをバランスよく盛る→塩こしょうをふる
オーブン料理・エビと下1jpg
6.5にホワイトソースをかける
オーブン料理・エビと下2
7.6にとろけるチースをのせる
オーブン料理・エビと下3

8.200℃に熱したオーブンで15分焼く→グリルに切り替え5分焼き焦げ目をつける


ほっくほく、熱々のグラタンがとっても美味しかったです♪



今、テレビでは内藤選手と亀田選手の熱闘が繰り広げられてます。

ボクシング・・打たれると痛いんだろうな。。

なんで、これがスポーツなんだろう・・?

と、ギモンに思ってしまう私でした。

“ガンバレ!!”なんて言えないな。  





ブロッコリーとハムの皮なしキッシュ。
2009年09月01日 (火) | 編集 |
朝晩だけでなく、日中もしのぎやすくなってきたようですね。

季節も、食欲も確実に秋に近づいているようです。

おまけに、お料理する気も俄然湧いてきたようです♪ (*´艸`)

今年の夏は、作りたくなくって、食べたくなくって、

サラダとお豆腐と麺ばかりを食べていた気がしますが、

日曜日辺りから美味しいモノが食べたい!作りたい!で、こんなの作りました。


 ブロッコリーとハムの皮なしキッシュ 3~4人前
オーブン料理・キッシュ(ぶ

≪材料≫
ブロッコリー:120g ハム:60g 玉ねぎ:1/2コ 塩こしょう:少々 バター:大1/2

<アパレイユ>
卵:3コ 生クリーム:120cc とろけるチーズ:60g 塩:小1/2 こしょう:少々

≪作りかた≫
1.アパレイユを作る
(ボウルに卵を割り解す→生クリーム→刻んだチーズ→塩こしょう ←都度混ぜる
2.ブロッコリーを小房に分け塩を入れた湯でやや硬めにゆでる
3.ハムは1cm位の大きさに切る
4.玉ねぎは薄切りにしバターを溶かしたフライパンでキツネ色になるくらいに炒め
塩こしょうをする
5.耐熱皿にバターをぬる→玉ねぎ→ブロッコリー→ハム→アパレイユを流しいれる
6.180℃に予熱したオーブンで約30分焼く


パイ生地を敷かないのでとっても簡単に出来上がります。

あっつあつが美味しくってそのままでも!

私は、買っておいたフランスパンにたっぷりのせていただきました

幸せな味わい