わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
フライドポテト。
2018年06月04日 (月) | 編集 |

油で揚げたじゃが芋は体に悪いとは聞くけれど、
煮っころがしやポテトサラダばかりではなく
やっぱり、、、
じゃが芋料理の王道
「フライドポテト」が食べたくなりますね。
冷食でもなく、
テイクアウトでもなく
自分で調理すれば少しは悪影響が緩和されるのか?
なんて、
勝手な気休めとは知りつつじゃが芋を揚げ油に投入しまーす。

 フライドポテト 2人分
揚げ物・フライドポテト

≪材料≫
じゃが芋(中):2コ
揚げ衣a(強力粉:大2 コンソメ:1/2コ 塩・粗びき黒こしょう:適量)

≪作り方≫
1.じゃが芋はくし形に切る(縦に8等分)→水にさらす
2.ナイロン袋にに水けを拭き取ったじゃが芋を入れる
3.揚げ衣aを加え全体にまんべんなく衣が付くようにふりふり
4.中温の揚げ油でカラッと揚げる

※コンソメの代わりにカレー粉やチリパウダーなどで味変も♪

やっぱりフライドポテトは美味しいですね。
大袈裟ですが、
命を削ってでも食べたいかもしれない。 
たまにだけどね♪ 


* * * * *


色々と野菜や果物を植えてはみるものの、
なかなか上手く育たない実情にガッカリしながらも
今回はさつま芋を植えてみました。

さつま芋 (安納いも×4株 金時×4株)
野菜・さつまいも2018

美味しく、でっかく
育ちますように。。 
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ 

 


粟麩の田楽。
2018年05月15日 (火) | 編集 |

先日、高野山へ行ってお昼に食べた粟麩の田楽が
美味しかったので自宅でも作ろうかと「粟麩」を買っきました
(正確にはチビ姉さんに買ってもらった♪)

 粟麩の田楽 2人分
揚げ物・粟麩の田楽

≪材料≫
粟麩:4キレ
田楽味噌、柚子こしょう、:各適量

≪田楽味噌≫
赤味噌:砂糖:酒:みりん→2:3:1:1 の、割合。
①小鍋に入れる
②田楽味噌がとろっとなるまで弱火にかけて練る

≪作り方≫
1..粟麩は食べよい大きさに切る
2.中温の油で素揚げ
3.田楽味噌、柚子こしょうをそれぞれにのせる
※お店のには田楽味噌と柚子味噌がかかってました。


今回は、少し揚げすぎかも知れないけど・・、
熱々の粟麩がもっちりしていてとても美味しい♪
粟麩は冷凍保存できるので次回高野山へ行けば
少し買いだめしてしてこうかな 絶品 




これは食べ歩き用に買った「笹巻あんぷ」

 笹巻あんぷ @\140
お出かけ・高野山2018-笹巻あ


程よい甘さのこし餡入りの、もっちりした麩まんじゅう。
このもちもち加減はグルテンの頑張りかな?
この歯ごたえ、
ちょっとクセになりそうです。 






フィッシュ&チップス&オニオン
2017年06月18日 (日) | 編集 |

たまにビールの缶がポツンと。
飲む人もなくポツンと。
しゃーないなぁ、お料理に使っちゃう?
と言う事でこのおつまみになりました 

 フィッシュ&チップス&オニオン 2人分
おつまみ・フィッシュチップ

≪材料≫
白身魚(タラ):160g じゃが芋(中):2コ 玉ねぎ(中):1コ
揚げ衣a(小麦粉:大3 片栗粉:大2 ビール:大3~4 卵白:大1 ベーキングパウダー:小1/3 塩:少々)
タラの下味b(塩・こしょう・ドライハーブ:各適量) 

≪作り方≫
1.タラは食べよい大きさに切る→下味bをまぶす
2.じゃが芋は皮のままくし形に切る→水にさらす
3.玉ねぎは1㎝位の輪切り→2枚1セットにする
4.揚げ衣aは、はしでよくかき混ぜる(ビールの量は様子見で)
5.じゃが芋を揚げ油でカラッと揚げる→熱いうちに塩をふる
6.タラと玉ねぎはは揚げ衣aにくぐらせカラッと揚げる
※材料の大きさにもよるけど、ぷーっと膨らんできたらOK
※衣がピンチで、玉ねぎが素揚げに近い状態になっちゃった!
※今回のソースは粒マスタード+マヨネーズで!タルタルでいいね。

ぷーっと膨らんでくるから焦って油からあげたから
色つきが宜しくないです、
もう少しの我慢でキツネ色なのにねー ヾ(o´∀`o)ノ
この料理、確かイギリスの有名なおつまみだったかな?
「フッシュ&チップス」
カロリー高いけど、衣がもちふわーで美味しく戴きました♪
おまけに、
ほぼ下戸なのにやや気の抜けたビールも戴きました 
飲めるやん!! 
そうだ、今年の夏は飲む練習しようっと 


* * * * *


東のお嬢ちゃん、
干からびてたらゴル子で迎えに走るでー 
夢の空間移動やな ♡♡♡
慣れない場所での苦手な夏、
頑張って乗り切ろう 
今年はちゃんと食べてるからきっと大丈夫 




さつまいもスティック。
2015年11月12日 (木) | 編集 |
これはおつまみになるのかな、それともおやつ? 

あと一品足りないな・・と思いながら、

戴き物のでっかいさつまいもで食事時に作ったから

とりあえずおつまみにしておこう! 

 さつまいもスティック
おつまみ・さつまいもステ

≪材料≫
さつまいも:1本 塩:適量

≪作り方≫
1.さつまいもは薄くスライスしマッチ棒ぐらいの太さの千六本切りにし水にさらす
2.水からあげ、余分な水分を拭きとる
3.揚げ油でカラッと揚げる
4.揚げたてに塩をふる

※レシピをあげるほどでもないのですが・・。 (^^ゞ

カリッカリに揚がったさつまいもスティックがおいしくって手が止まりません!
ジャガイモで作るよりも悠にカリッカリなのです。
我が家のチビ姉さんのお気に入り 


* * * * *


怒涛のように押し寄せたスケジュールがほぼ終了~ 
今年はホント多忙です、特にここ暫くがピークだったかな。

まずは、
以前の家の最終片付け。
予想以上に大変でした!半日がかりで目途を付け3人そろってクタクタ。

次に、
灰の国から2名様、おんせん県から2名様、鵜の国から1名様、
みかんの国に大集結してのお食事会。
緊張するも無事終了しました。
残念なのが焼売の国からの1名様にお会いできなかったこと。
そして、その後3名様ご宿泊~
とっても賑やかで楽しかったね 

数日後、
以前の家に残した粗大ごみ等の搬出処理。
5時間強もの時間手間取ってしまったけど、
おうちの中はすっからかんと気持ちよくなりました。

そのまた数日後、
税務調査が入るため対策に奔走しての休日出勤。
(展覧会に行けなかった・・。)

その日の午後、
2期めの小手術。
予想より痛くって、痛くって、痛み止めが利かなくって・・。
しんどいときは眠るに限るよね。

その翌々日、
予定していた我が職場に税務調査ハイル!
厳しい査察にビクビクしてしまった!
机の中まで見られてしまいました。
明朗会計のはずなのにどこかドギマギしてしまうよね。

これにて気がかりなことはほぼ終了した!
意外と体力のない私は精魂使い果たした感ありなのです。。
来年!
更に大きな出来事の為に頑張らないとね 




おつまみプレート。
2015年10月27日 (火) | 編集 |
我が家のチビ姉さん、長すぎる夏バテかな?

なかなか食欲が戻らないようなので、

ちょこっと色々おつまみプレートを作ってみた 

 おつまみプレート
おつまみ・おつまみプレート
野菜とハムたちの生春巻き
ひじきとベーコンのサラダ
小芋の甘辛揚げ
棒棒鶏
茄子といんげんの揚げ煮浸し


ほらほら、やるでしょう!美味しそうでしょう!!
なんて言いつつ、
実は一部お気に入りの惣菜屋さんの出来合いですが、
近々再現レシピをアップ予定です。 
自分のレパートリーの仲間入りにしてやるんだー♪ ( ´艸`)


* * * * *


先日、お買い物に行こう!って言う事でルンルンおでかけ! 

まずは、最寄りのGSで給油ね!

セルフは便利だね~と言いつつ給油も終わりイザイザ出ようとしたとき、

あれ?

エンジンがかからない。

うんともすんとも言わない。

なぜ? 

「取り敢えず、キー抜いてみて!」

「ダメ、うちのはキーの差し込みが無いよ」

「そ、そっかー・・・」

う~ん、考えてみたけど答えは出ません!

そうなれば即効で

「すみませーん、車動きませーん!」

声を掛けた若いGSの人が、修理専門の人を呼んでくれました。

「あ、バッテリーやな!」

「えっ?!」

「そう、最近の車は、何の前触れもなくバッテリーがダメになります!
止まったのがここ(GS)で良かったねー、ラッキーです」

「た、確かに。。」

と言う事で、急な痛い出費だったけど、いいお勉強になりました

某GSの方々、親切にして頂きありがとうございましたー 

 



山芋の磯部揚げ。
2015年01月27日 (火) | 編集 |
山芋の磯部揚げを作りました 

以前は手に入りやすい「長芋」で作ってみたらあららの大失敗! 

今回は少しお高いけどちゃんと山芋を購入して作りました。

食べたかったのはコレですよ、コレ 

 山芋の磯部揚げ 2人前
おつまみ・山芋の磯部揚げ1

≪材料≫
山芋:300g(皮ごと) 焼き海苔:適量
付け合せ:レンコンチップ

≪作り方≫
1.山芋は皮を剥き酢水にさらす(アク抜き)
2.1の水分を拭き取りすりおろす
3.海苔で挟み揚げ油でさっと揚げる

※すりおろしたものが柔らかすぎた時には30分ほど冷凍すると扱いやすくなります。
※長芋は水分が多いので不向きです。


揚げたてを塩や醤油などの好みの調味料をつけて戴きましょう♪
ふわっふわで何の下味もつけていないのに凄く美味しいです!
付け合せのカリッカリのレンコンチップとの食感の違いがこれまたウマシ!
私って天才?! 
はっ!誰でもが作っているひと品でしたね! ( ´艸`)




茹でとうもろこし。
2014年06月21日 (土) | 編集 |
月に1~2度、マイカーを走らせ産直広場へ!

やっぱり鮮度が違うからどれもコレも美味しいです 

今日のレシピは、そんな野菜達の中からコレ!

 ゆでとうもろこし 2本
おつまみ・ゆでとうもろこし

≪材料≫
とうもろこし:2本 塩:小1強
※水:6C 塩:小1強 (水に対し塩は0.5% )

≪茹で方≫
1.とうもろこしは皮を剥き鍋に入れたっぷりの水と塩をいれて蓋をし火にかける
※強火で水から約15分ゆでました。
2.茹で上がったら、蓋をしたまま放置
3.約1時間後、鍋からとうもろこしを出す
4.温かいままラップにきっちり包む
5.冷蔵庫に入れる
6.冷えればさあ食べよう♪

凄くジューシーで美味しいです 
以前はなかなかうまく茹で上げられなかったけど、
こんな風に茹で上げるようになったら、ペロッと1本完食~♪
美味しすぎだ ヽ(*^^*)ノ


* * * * *


とうもろこしと言えば、いつも思い出します。

ゆいさんが幼稚園に通う夏のある朝、

「今日の給食は大好きなとうもろこしだけど、
ちょっとお腹の調子が悪いので食べさせないで下さいね」

担任のU先生にお願いしました、先生快諾~

で、お迎えの時間。

U先生がニコニコしながら、

「お母さん、大丈夫でしたよ!ゆいちゃんペロッととうもろこしを食べましたよ!」

え―!!!

違う、

偏食じゃなくって、

お腹を壊してるからお願いしたのに先生・・、

先生に当らないように返答するのに必死なその頃の私でした。

きっと今なら、ツッコミ入れるんだろうな