わたし流に身近な食材を使った簡単レシピを少しずつ書きためていこうと思います、そして日々の出来事や時々映画の感想文。。。
アボカドとおさつのマヨ和え。
2018年02月12日 (月) | 編集 |

一冊の本が出せるほどに
アボカド料理を作っては更新を繰り返してみよう♪
・・なんて、ちょっと無理? 

 アボカドとおさつのマヨ和え 2人分
アボカド料理・アボカドとお

≪材料≫
アボカド:1/2コ さつま芋の甘煮:50g ミニトマト:2コ
マヨネーズ:大1 粒マスタード:小1
レモン汁:適量(アボカドの色止め用)

≪作り方≫
1.アボカドは半分に切り皮から外す
2.1cm位のサイコロ状に切る→レモンを多めに振りかける
3.ミニトマトはアボカドと同じくらいの大きさに切る
4.器にマヨネーズと粒マスタードを入れ混ぜ合わす
5.4にアボカド、さつま芋、ミニトマトを加え和える

まろやかで口当たりがいい♪
丁度、さつま芋食パン用に甘く煮たさつま芋が余っていたので
アボカドと和えてみたら凄く美味しかった。
ディップとしてクラッカーやパンにのせても美味しいかもね。





アボカドのフライ。
2018年02月12日 (月) | 編集 |

今日は揚げ物!
鯵とエビと、
そうだ、アボカドも揚げるげてみよう!

 アボカドのフライ
アボカド料理・アボカドのフ

≪材料&作り方≫
アボカド:1/2コ レモン汁:適量 フライの衣:適量
※アボカドをスライスして普通にフライを作るだけ。

味の感想は、
うーん、旨くもなく不味くもなくって感じかな。
今まで作ったアボカド料理でのランクでは一番下。
今回はそのままでフライにしたけど、
生ハム巻いたり、何か下味の足しになるのと
合体させればもっと美味しくなるかもね。


* * * * *


三連休でしたね。
ぽっかり空いた中日にレンタルビデオ一人鑑賞会。
6本ぶっ続けで観たから12~3時間?
コレ、自宅だから見続けることが出来るけど
映画館じゃきっと無理でしょうね。 
さぁ、次は何借りよう?
映画(レンタルビデオ)は
見なければ何カ月も見ないままなのに
見だすと返却日にはまた次の何かを探してるよね。。




しらす丼 Ver2018。
2018年02月12日 (月) | 編集 |

しらすを買いました。
そうです、しらす丼が食べたいのです。
以前に、
しらす丼をアップしてるかもしれないけど・・、
Ver'2018と言う事で。

 しらす丼 1人分
ご飯・しらす丼Ver2018

≪材料≫
ご飯:適量 大葉:4枚 しらす:適量梅干し:2粒 のり:1枚
しょうゆ
※作り方は書いてる順にのせて醤油をかけて出来上がり♪

たっぷり乗せた大葉が食欲増進させてくれますね!
赤だしのお味噌汁と共に
しっかり美味しく戴きました♪


お店で「しらす丼」を食べたことが無いので、
こんなで正解なのかどうかは分からないけどね。
わが家の次女が東の国に期間限定で移住して、
その期間が満了となり帰って来るんだけど、
彼女が東の国の住人の間に一度は行って
一緒に観光地で「しらす丼」を食べる約束してたのに
とうとう行けなかったなー
残念。。
(´。・ωq)(pω・。`)
そのかわり、
「まぐろ丼」を食べに行くぞー!!
♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ 





牡蠣とほうれん草のグラタン。
2018年02月05日 (月) | 編集 |

たまに、
と言うか年に一度くらいは牡蠣が食べたくなります。
今がその時かな。
昨日牡蠣フライ、
そして今日は牡蠣とほうれん草のグラタン。
生ものですから続けて牡蠣料理ね♪

 牡蠣とほうれん草のグラタン 1人分
魚貝料理・牡蠣とほうれん

≪材料≫
牡蠣:1/2パック ほうれん草:70g 玉ねぎ:1/4玉 バター:大1
ホワイトソース(小麦粉:大1.5 バター:1 牛乳:60cc コンソメスープ:60cc 塩・こしょう:適量)
とろけるチーズ:適量 塩こしょう:適量
※ホワイトソースの分量は目安です、実は目分量でゆるめに作った!

≪作り方≫
1.牡蠣は大根おろしで軽くもみ洗い→流水で洗う
2.薄く小麦粉をまぶす(小麦粉は分量外)
3.フライパンにバター(大1)を入れ2の牡蠣がぷっくらするくらいに軽く焼く→皿にとりだす
※オーブントースターで再加熱をするので完全に火が通らなくてもOK
4.牡蠣をとりだしたフライパンにスライスした玉ねぎを入れ炒める
5.玉ねぎに火が通れば3cm位に切ったほうれん草を加えさっと炒める→皿に出す
※軽く塩こしょう
6.ホワイトソースを作る→牡蠣と玉ねぎ・ほうれん草を加えさっとかき混ぜる
7.塩・こしょうで味を調える
8.耐熱皿に移す→とろけるチーズをのせる
9.オーブントースターでチーズに程よい焦げ目がつくまで焼く

牡蠣がぷくっとしてて、
ちょっとゆるめなホワイトソースとの程よい絡みが美味しかった―、
また作りましょ ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪ 
今日みたいな極寒の日にはサイコーなご馳走でした


* * * * *


先日、長女のお誕生日でした。
おめでとう♪のLINE送付。
暫くしての返事に
「娘の年齢 覚えといてー♪(笑)」だって。
ウフフ、
1歳多く祝ってしまったようです
子供達がどんどん歳を重ねていくから
分からなくなってきた―
すまんなー。 






アボカド&鮪のやまかけ。
2018年02月04日 (日) | 編集 |

アボカドを使った料理を週に4回ぐらい。
今日も一品。
 アボカド&鮪のやまかけ 1人分
アボカド料理・やまかけアボ

≪材料≫
アボカド:1/2コ まぐろ(刺身用):適量(アボカドよりやや多め)
長芋:大2 レモン汁:適量
下味a(しょう油:小1 わさび:適量)

≪作り方≫
1.鮪は下味aに漬けこむ(5分程)
2.アボカドは大き目のサイコロ状に切る→レモン汁をかける
3.器に1と2を盛り付けすりおろした長芋をかける

とろとろっとのど越しよく食べられます。
今、アボカドの味付けではわさび醤油のものが好きかな。
アボカドはクセが無く結構なんにでも合うようです。

もっと色々試さないと!
とは思うのですが、
週に4回食べてみた結果、
膝に効いているかどうかはまだ分からないけど、
(最近、痛みが緩和されてる気もします)
実は、それこそ大きい声じゃ言えないけれど
お腹に来ています。
私の場合、あまり続けて食べてはいけない食材のようです。

アボカドについて調べてみるとね、
お腹に来る人もいますって!
me too! です。 






あん食。
2018年02月04日 (日) | 編集 |

「あん食」二度目の挑戦 
どうかなぁ、完成形かなー、まだまだかな!

 あん食 1.5斤
パン・あん食

≪材料≫
a(強力粉:300g 砂糖:36g 塩:5g スキムミルク:12g 
バター:24g 水:210cc)
ドライイースト:6g
こしあん:300g

≪作り方≫
1.ホームベーカリーのケースにaの材料を入れる
2.ドライイーストは所定の場所へ入れる
3.生地コースでスタート
4.捏ねあがればケースから出し2等分しそれぞれに丸め
大きめのタッパーに入れベンチタイム(30分)
※タッパーの蓋をする事
※タッパーの大きさは3.6ℓ容量のモノ使用
5.2個それぞれを細長く延ばす←餡を150gずつ薄く伸ばしのせる
※巻き終わりの方の2cmほどにはのせない
6.全体にバターを薄く塗ったパンケースに5を横に並べて置く
7.40度60分で二次発酵
8.ケースの2~3cm下位まで発酵が進めばOK!
9.ケースの蓋をする
10.オーブンを200℃で予熱
11.38分、焼く
12.焼きあがれば素早くパンケースの底を打ちつけ、外に出す
13.完璧に冷めるのを待って切る
 断面
パン・あん食 断面
腰折れですね、今回ちょっと焼き時間と餡ののばし方に難アリ。
この画像は餡の薄目の所で、均等じゃ無い所もあり。

それでもお味は美味しくできてた
最近、パン生地の味が落ち着いてきて旨し♡
餡は市販品使用だからか、少し思ってる味ではないけど
ふわふわ食パンにあんこが美味しい♪
生でも美味しいけど、焼いても美味しいね 。゚(゚^∀^゚)σ。゚
次回反省点は、
釜伸びがやや不足してたので、全体的に分量を増やそう。
なので、これは完成形ではナイ


* * * * *


上の「あん食」は少し前に作ったもので、
今日は「さつま芋食パン」を焼きました。

 さつま芋食パン
パン・さつま芋食パン

うーん、基本の生地の材料を少し増やしてるのに
何故に大きさがイマイチ足りないのか。
お味も、いつもより・・・、
見た目の生地の様子もいつもと違う・・・、
それに、冷めても味が纏まってこない・・、
あ!
バターを入れるの忘れてる!!
バター無しでも取り敢えずはパンになるんだなーって
ちょっと笑えてきた。
あ、フランスパンには油脂使ってないね。
うーん、塩を入れた記憶もないかも?
最悪ですね。 O(≧▽≦)O
私の悪い所。
何でも初回が一番成功率が高くて、
慣れてくるとうっかりミスがチラホラなのです。
また次回頑張ろう。
取り敢えず覚え書きのレシピ残しとこ。

≪さつま芋食パン 材料≫
強力粉:320g 砂糖:38g 塩:6g スキムミルク:12g 
バター:25g 水:220cc ドライイースト:6g
さつま芋の甘煮:280g

1次発酵(タッパー内にて):40分
2次発酵(スチーム):45℃ 60分
焼き:210℃予熱 35分→蓋を外して2分

ああでもない、こうでもないと
一日中気が済むまでパン生地と格闘していたいものです、
それも毎日。
そんな暢気なことしてたら生活が成り立たないですね。
\(//∇//)\

 

油脂の入れ忘れたコレ!
パラパラっと塩を振りかけてトーストして
バターも何もつけずに食べたらソフトなフランスパンだった♪
見た目、気泡も大きいしね!
なんか、美味しい。。
ちょっとした発見だね、次はフランス食パンにトライかも。
p(*^-^*)q 






飾り寿司。
2018年02月04日 (日) | 編集 |

日の経つのは早いです。
昨日は節分、今日立春。
暦の上ではもう春なんですね。 
節分には例にもれずやっぱり恵方巻き。
今年の節分は土曜で休日だったから
恵方巻を巻きがてら遊んでみました。
飾り寿司初挑戦です。 

 飾り寿司 5切れ
ご飯・飾り寿司

≪材料≫
のり (太巻き用):縦に1/2枚+1/4枚 (細巻用):十字に4切り5枚
酢飯:1合(寿司酢の割合 砂糖:大1 酢:大2強 塩:小1/6)
ゆかり:小1 
野沢菜(軸の部分):海苔の半分の長さ:5本 チーズかまぼこ:1本

≪作り方≫
1.炊き立てご飯で酢飯を作り半合はそのまま太巻き用に置く
2.残り半合にゆかりを混ぜておく(酢飯が熱いうちに混ぜる)
3.細まき用の海苔に2を薄く乗せ細まきを5本作る
4.巻き簾に太巻き用の海苔をのせる
→のししろとして1cmくらい酢をぬり貼りあわす
(縦に1/2枚+1/4枚の海苔を細長く繋げるのです)
5.海苔全体に酢をふりかける→酢飯を薄く延ばす
※巻き終わりになる部分は2cmほどのせない
6.細まき→野沢菜→細まきと各5本を交互にきっちり並べる
7.真ん中にチーズかまぼこをのせる
8.チーかまを囲むにようにきっちり巻きこむ
9.巻き簾で綺麗な円になるように整える
ご飯・飾り寿司1
10.切る 

ずっと作ってみたかった飾り寿司。
初挑戦で何とか出来上がったよん♪
可愛くできてちょっと嬉しい
通常の太巻きに比べたらほぼ酢飯なので物足りないから
もっとお口に美味しくって彩りのある素材を
探してみようかな。 o(*^▽^*)o~♪


* * * * *


今朝、小一時間出かけてマンションの玄関に
戻りついた時、
インターホンの前で宅配業者さんが応答待ち。
出ないのね、残念!留守なのね♪
なんて思いながらモニターを見ると私の部屋番号ですやん!
思わず呟いてしまいました。
「あ、私の部屋の番号!」
「あぁ、すごい偶然ですね、サインで結構ですから」
「はーい」
そんな会話で荷物を受け取ったんだけど、
道々思いました。
おじさん、名前を聞く他になんの確認もしなかったけど大丈夫?
せめて住所とか・・・、
まっ、いいか
これが長閑な田舎街のいい所なのね